田村真子の母親・田村圭子もアナウンサーで美人!父親・田村憲久は厚生労働大臣など一族がスゴすぎる

Pocket

TBSの田村真子さんは、4月に入社5年目を迎える人気若手アナウンサーです。

2021年春から、朝の情報番組「ラヴィット!」のMCに抜擢されていますね。

 

父親が前厚生労働大臣の田村憲久さんだということで入社前から有名だったようですが、母親もケーブルテレビの元超美人アナウンサーだったことが判明しました。

 

また、地元三重県では、田村一族と言えば知らない人がいないほど有名な資産家一族だったみたいです。

今回はそんな田村家の華やかな家柄について詳しく調べてみました!

 




田村真子の母親・田村圭子もアナウンサーで美人

 

田村さんの母親は、田村圭子さんという方です。

ちなみに、上記の写真は、2019年12月21日開催された三重県津市の政治家の集まりにされていた時のものです。

とてもキレイな方ですよね~!

 

圭子さんは一般人なので年齢の公表はしていないのですが、2021年中日新聞にて、田村憲久さん絡みの記事の中で圭子さんの年齢の記載がありました。

どうやら2022年で53歳になるそうです。

 

イベントに出た際の写真がネットに出回っていますが『超』が付くくらいの美人ですよね。

元アナウンサーと言われているようですが、一体どんな方なのでしょうか?

 

母親は元ケーブルテレビアナウンサー

tamurahaha2

 

田村圭子さんは三重、滋賀、和歌山が放送エリアのテレビ局「ZTV(ゼットティーヴィー)」のアナウンサーだったと言われています。

 

2015年に「斎宮復元建物竣工記念式典」において、田村議員の代わりに出席した妻の圭子さんが代わりに祝辞を述べたそうなのですが、その流暢なスピーチが政治家並に堂々としていたことで話題を呼んだようです。

調べてみたのですが、動画は非公開になっており残念ながら現在視聴することは出来ませんでした…。

 

ちなみに、ZTVは田村圭子さんの旦那の祖父・田村憲司さんが代表を務めていたこともあり、その縁があって、二人は出会い、結婚されたのではという噂です。

 

母親の現在の職業について

 

圭子さんはアナウンサーを辞め、一般の方となっている為詳しい情報は公開されていないようです。

現在はご主人のサポートをされているとのことで、選挙の際には事務所に駆け付け手伝いをするなど、支持者からは良い印象を持たれているようです。

 

母親が家の掃除をしてくれるなど仲良し

 

田村真子さんは、得意料理について聞かれた際にこのように答えています。

 

「料理はする方だと思います。『クックパッド』で調べて、余りモノでパパっと作っちゃうことが多いです。でも、しっかり時間をかければちゃんとした料理も作れますってことは言っておきたいですね!得意料理は麻婆豆腐です。麻婆豆腐の素を使わずに甜麺醤(テンメンジャン)や豆板醤などを使って本格的に作っています。母がたまに来てくれて掃除だったりいろいろお世話になることもありますが……。母の家事力には尊敬しかないですね(笑)」

引用元:smart FLASH

 

田村アナにはどうも兄弟がいないようですので

多忙な一人娘の生活を、きっと母親も心配されているのでしょうね。

 




父親・田村憲久はなんと厚生労働大臣だった

tamuratiti

画像出典元:西日本新聞

 

父親の田村憲久さんは第二次安倍内閣で厚生労働大臣として初入閣を果たし、2020年9月~翌年10月にかけて第一次菅内閣で2度目の厚労大臣として任命されました。

 

在任中はコ○ナ対応に追われ、退任会見ではコ○ナへの政府の対応について振り返り、

「十分に応えられなかったことがいっぱいある。おわびを申し上げないといけない」と異例の反省尽くしになったようですが、どのような政治家なのでしょうか?

経歴について調べてきました。

 

田村憲久さんが政治家になるまで…

 

実家は地元三重県で土建業を生業にしていた為、直接政治とは関係の無い家庭だったようですが

 

祖父は弁護士で元衆議院議員の田村秢氏

叔父が労働大臣や運輸大臣、通商産業大臣、衆議院議長を務めた元衆議院議員の田村元氏

 

ですから、身内に政治家が居た事で政治家になる道を志したのかもしれません。

 

大学卒業後は地元の三重県に帰り、田村真子アナの祖父にあたる田村憲司さんが経営する「日本土建株式会社」に就職しています。

 

nihondoken

画像出典元:日本土建株式会社

 

その7年後、伯父である田村元さんの秘書になり、田村元さんの引退にあたり、1994年に出馬をしています。

第41回衆議院議員総選挙にて三重県第四区から出馬、そして31歳の若さで当選を果たしました。

 

当選後の功績について

nyuukaku

画像出典元:ここだけトピック!

 

憲久さんは議員当選後、

 

  • 厚生労働大臣政務官
  • 文部科学大臣政務官
  • 総務副大臣
  • 厚生労働大臣
  • 裁判官訴追委員会 委員長

 

このように政治家としてキャリアを積み重ね、2020年9月に菅内閣で2度目の厚生労働大臣に選出されました。

憲久さんは初出馬の時から「これからの時代は、医療や介護が政治の重要なテーマになると語り、一から勉強した」と語っていたらしく、党内での評価は非常に高かったようです。

 

コ○ナ禍で様々な批判を受け、退任時も反省点を述べられていましたが、かつて厚労省を務めた長妻昭衆院議員は

 

温和で物分かりがいい性格が災いしているように見える。厚労省内の組織に詳しく、厚労行政に精通している分、『工夫してやってくれ』と、官僚に対して無理を言うことができていない。

また、自分は詳しいという自負があるため、多くの指示を出しても厚労省のキャパシティーオーバーになると判断してしまう。

つまり、役所に嫌われまいと思うあまり強い指示を出せず、停滞を招いている。強く物事を進めようとすれば、悪評が立つ。評判がいいのは、役所の言いなりになっている裏返しでもある

 

と、憲久さんについて話されています。

 

学歴優秀だが柔道部に所属するなどバリバリ体育会系だった

 

憲久さんは、少年時代から学業優秀だったようで、現地の名門校・私立高田中学校県立松坂高校を卒業しています。

 

↓高田中学校 偏差値(60)

takadatyuugakkou画像出典元:ウィキペディア

 

↓松阪高校 偏差値(59~66)

matuzakakoukou画像出典元:ウィキペディア

              

 

とはいえ、ガリ勉タイプではなく、中高ともに柔道部に所属しており、バリバリの体育会系だったそうです。

身体ががっしりしたイメージがありましたが、身長は168cmと少し小柄みたいですね。

 

ちなみに、お顔は俳優の西岡徳馬さんに似てると良く言われているようです。

 

tibadaigaku画像出典元:ウィキペディア

              

 

三重県松坂高校を卒業した後は、地元を離れ葉大学に進学しています。

千葉大学に進学した理由について憲久さんは「大らかな環境で大学生活を送りたいと思った。当時の千葉と三重の雰囲気が似ていた」と話しています。

 

どうやら、環境面でこの大学を選んだようですね。

大学では法経学部に在籍して法律や経済について勉強したようです。

 




父親・田村憲久と田村真子との関係性

tamura-mako-titi

 

憲久さん自身は「政治活動が多忙で、家にいることがあまりできなかった」と話されていますが、田村アナは父親のことをどのように思っていたのでしょうか?

二人の仲についても調べてみました。

 

イクメン議員連盟に入ったのは育児にあまり参加できなかったから

ikumen

画像出典元:ベビヨリ

 

田村憲久さんは過去雑誌のインタビューで

 

私には来年、大学を受験する娘がいますが、実は育児はあまりできなかったんです。というもの、私は選挙区が三重なので、地元には週末にしか帰れず、子どもと接する時間はほとんどなかったんですね。娘には本当にかわいそうな思いをさせたし、家内も大変だったでしょう。イクメン議員連盟に入ったのは、そうした反省があるからでもあるんです。

 

と、語られています。

育児があまりできていなかった反省として、イクメン議員連盟に加入したみたいですね。

 

イクメン議員連盟とは…
イクメン議員連盟は「イクメン」を増やしていくことを目的として、2012年6月13日に発足した日本の超党派の議員連盟。現在は自由民主党、公明党、立憲民主党の議員が所属している。

 

  • 男性の育児休暇取得率の上昇
  • 父親の育児参加の促進
  • 母親との育児分担を進める活動
  • 少子化の改善

 

これらの活動をされているみたいです。

 

うさたん

罪滅ぼしだとしても素敵なお父さんですね

 

厚生労働大臣であることから娘である田村真子はプレッシャーを感じていた

baraetexi

 

田村アナは『爆笑!さんまのご長寿グランプリ2018』に出演した際、父親が田村元大臣であることを明かし

「以前、厚生労働大臣をやらせていただいて。父の名前が肩書として。少しそれにプレッシャーを感じてしまったり…」

と心境を明かしています。

 

父親の名前を特別隠していた訳ではないようですね。

 




田村真子はコネ入社と疑われている

 

この投稿をInstagramで見る

 

田村真子(@tamura_mako_)がシェアした投稿

 

キー局の女子アナになるには、有名大学のミスキャンパス入賞が一番の近道とされています。

 

しかし田村アナはミスキャンパス入賞もアナウンサー養成学校に通うこともせずにTBSに入社しています。

その理由が『父親が大物議員』ということで、周囲にはコネ入社ではないのか?と疑われているみたいですね。

 

完全にコネではないかもしれないが、やはり父親のお陰

tamuratiti2画像出典元:メーテレ

 

スポーツ紙のインタビューでアナウンサーを目指したきっかけについて、大学3年生時にインターンで情報番組のADを経験したことから

『アナウンサーの仕事を間近で見て受けてみようかなって。でも、アナウンサーになれるとは思ってなくて、記念受験みたいな感じでした』

と答えています。

 

「記念受験で数百倍の競争率といわれるアナウンサー試験を勝ち抜いてしまっては、本気で目指している他の学生も立つ瀬がありません。本人は〝コネ疑惑〟を否定したい気持ちで一杯なんでしょうが、口にすればするほど疑惑が確信に変わっていく視聴者も多いでしょう」

と、スポーツ紙の記者も語っています。

 

テレビ局は国の許認可が必要な事業だけに、与党の重鎮との関係も重要視されるそうです。

 

また、最近のテレビ局の傾向として気にしているのが『コンプライアンス』です。

局アナが学生時代に問題を起こしていて、採用後に明るみに出るのを心配している為、お嬢さま女子アナを採用する傾向が強いようです。

 

ですから、例えコネ入社ではなくてもバックに家柄や父親の存在がチラつくのは仕方ないことかもしれませんね…。

アナウンサーとしての娘を父親はどう思っているのでしょうか?

 

田村真子のMC抜擢に対し、父親がコメント

 

オンラインで開催された,2021年4月期番組改編説明会で進行を担当した際、田村アナは『ラヴィット!』MCとしての意気込みを語りました。

父である田村憲久厚生労働大臣から言葉をかけてもらったか聞かれると、「この番組を担当させていただくことを報告したところ、『そうか、しっかり頑張れ』と言葉をもらいました」と明かしましたね。

 

田村真子が父親のニュースを読む

nyu-su

画像出典元:WaCoCa

 

2021年3月29日~スタートした新番組「ラヴィット!」のMCを務める田村真子アナ。

父親で政治家の田村憲久厚生労働大臣が厚生労働省職員の不祥事を巡って謝罪した件を、「ラヴィット!」が取り扱わないことに、一部から「田村父娘への忖度」との批判の声が上がりました。

 

厚労省の職員ら23人が深夜まで送別会を開いていた件で、田村厚労大臣は3月30日に記者会見で謝罪をしています。

 

翌日の情報番組ではこの話題が取り上げられましたが、テレビ誌ライターによると『ラヴィット!』は当初から時事ニュースを取り上げない構成なので、田村アナが同番組内で父親の謝罪について触れないのは当然です。

田村アナへの批判は『ラヴィット!』を見てもいない層から出ているのではないかということでした。

 

そもそも、田村アナは『ラヴィット!』の後に放送されている昼のワイドショー『ひるおび!』にて、3月31日放送分にて、田村厚労大臣の謝罪に関するニュースを読んでいます。

 

父親が大物政治家だと、事実と異なる噂を流されて気の毒…。

クロ

 

父親の選挙の関係で田村真子が長期休暇をとる

tamuraoyako

画像出典元:日刊サイゾー

 

2021年10月25日、「ラヴィット!」で進行を務める田村真子アナが突然夏休みに入ったことがありました。

もうじき冬が来るというのに、夏休みをとったのは何故でしょうか?

 

日本テレビの関係者によると父親が選挙期間中であることと関係があるのではないか、ということでした。

公職選挙法では、NHKの政見放送に関する条文を除くと、放送に関わる法律は以下の規定のみです。

 

【第百四十八条】この法律に定めるところの選挙運動の制限に関する規定(第百三十八条の三の規定を除く。)は、日本放送協会又は基幹放送事業者が行なう選挙に関する報道又は評論について放送法の規定に従い放送番組を編集する自由を妨げるものではない。ただし、虚偽の事項を放送し又は事実をゆがめて放送する等表現の自由を濫用して選挙の公正を害してはならない。

 

↓日本民間放送連盟(民放連)が定めた「放送基準」の2章「法と政治」

 

(11)政治に関しては公正な立場を守り、一党一派に偏らないように注意する。
(12)選挙事前運動の疑いがあるものは取り扱わない。

 

候補者本人やその家族だからといって、テレビに出演してはいけないという規定はないようです。

ですが、最近の日テレは『有権者の投票行動に影響を及ぼす人物の出演はNG』とされているようなので、候補者の親族についてのテレビ出演も考慮しているようです。

 

父親とゲームをしたり、バラエティ番組で一緒に笑いあうなど昔から仲良し

 

お嬢様のイメージが強いため、ゲームとは無縁そうな田村アナですが、実家にいる頃は父親と良く一緒にゲームをしていたそうです。

 

「中高が隣町の学校であまり友達と家で遊ぶ機会がなかったんです。なので、家にいるときは両親とマリオカートで対戦していました。父がゲーム好きで、すごく上手かったですね」

 

また、実家での父親について

堅いというよりは一緒にバラエティ番組を観て笑ったり、冗談を言い合ったり、たわいもない話をして盛り上がることが多いです。

母とのほうが真剣な話をするかも。『ラヴィット!』も録画して観てくれていると思います。たまに感想を伝えてくれるので」

と話しており、プライベートでは”ゲーム好きのどこにでもいるお父さん”という印象を受けました。

 

それにしても大臣でも普通にゲームをするんですね!びっくりです。

探してみると、↓こちらのYoutubeチャンネルでもマリオカートをされていますね(笑)

 

 

フランクな感じの人なんだね

クロ

 

父親の影響で家ではゲーム三昧

 

田村アナは自身の休日の過ごし方について

 

「最近はゲームをすることが多いですね。『桃太郎電鉄』や『Apex Legends』などやっています。『Apex』は本当にダメですね。始めたときなんかは1日何時間もやっちゃいました。さすがに姿勢も悪くなるし、肩も凝ってしまってよくないなと思って、最近は制限しているんですけど。まるで夏休みの子供みたいになっていましたね(笑)あとは、『キャンディークラッシュ』もやっています。大学時代にずっとやっていたんですが、ここ1カ月くらいで再ダウンロードしちゃって。休日はわりと自堕落な生活をしちゃうんですよ。一人暮らしだと自分のペースでできるのが楽しくて、ずっとゲームしていても怒られないじゃないですか。今はこんな感じが続けばいいなと思っていますが、そうはいかないですよね(笑)」

引用元:Smart FLASH

 

桃鉄だけでなく、Apexもやっているなんて、結構本格的なゲーマーですね。意外でした!

 

meidoinnwario

画像出典元:amazon.co.jp

 

また、2021年6月23日は任天堂のゲーム機「NINTENDO64」(1996年)が発売された日ということで、この日の「ラヴィット!」冒頭では、思い出のゲームについて、田村アナは「メイド イン ワリオ」を挙げました。

 

「ずっとやっていて。新しいゲームが出るたびに、“踊る”とか“回る”とか。いろんなシリーズが出るんですよね。大好きでずーっとやってましたね」

と語っています。

 

メリー

メイドインワリオ!懐かしいね!




田村真子の一族がスゴすぎる

kakeizu

 

田村家は土建業で大きくなった家のようですが、親族の方々はどのようなポストにいるのでしょうか。

田村家の歴史と、親族の職業について調べました。

 

祖父・田村憲司さんについて

tamurasohu

 

  • 1960年 日本土健 専務取締役
  • 1966年 日本土健 代表取締役社長
  • 1990年 ZTV代表取締役社長
  • 1991年 社団法人 三重県建設業協会長
  • 2007年 日本土健 代表取締役 会長
  • 2016年 日本土健 取締役名誉会長 

 

田村憲司さんは大学を卒業して入社した会社「日本土健株式会社」でキャリアを形成しながら、株式会社ZTVというケーブルテレビ事業などを行う会社を設立しました。

現在は名誉会長を務めています。

 

今年で91歳になられるそうですが、現場を離れて以降は三重県や三重県津市の商工会のトップに着任して、三重県の商業発展のために活動しているようです。

 

田村家の親族も大物

tamuraitizoku

 

田村秢(たむら みのる) 曾祖父 衆議院議員・弁護士
田村元(たむら はじめ) 大伯父 労働大臣・運輸大臣・通商産業大臣
田村欣也(たむら きんや) 伯父 日本土健の現会長・ZTVの現社長
田村賴一(たむら よりいち) 従兄弟 日本土健の現社長

 

日本土健やZTVの後任は、全て親族に引き継いでいる形になっています。

曾祖父や大伯父も政治家として活躍されていらっしゃるようです。本物の華麗なる一族ですよね。

 




田村真子が「わが家は本当によくあるふつうの家」と語る

 

週刊FLASHの写真撮影の際に、田村アナは「我が家は本当によくあるふつうの家で、大きさも3人家族でちょうどいいくらいです」と謙遜する発言がありました。

経歴や家柄ですごい一族だということは分かったのですが、実家はどんな建物なのでしょうか?

 

残念ながら、父親の田村憲久さんが三重県に別で実家を持っているかは不明です。

持っていないとしたら田村真子アナの実家は今から紹介する祖父の家になります。

 

goutei

goutei2

 

敷地内に戸建てが2つという事でもしかしたらどちらかは祖父の家、もう1つは田村真子アナの父親の家なのかもしれません。

土地代だけでも2500万ほどは超えているのではないかという噂があり、そこに戸建てを2つにガレージや倉庫があるので、1.5億以上は掛かっているのではないかということ。

 

もしこれが田村アナの実家だとしたら、本当によくあるふつうの家・・・とは、かけ離れていますね。

 

 

 

今回の記事では田村真子アナウンサーの家族や親族について取り上げました。

とりあえず、お嬢様であることは間違いないようですね!(そして可愛い)でも親子でゲーム好きという所に少し親近感を覚えました。

父親が大物政治家ということで、コネ入社を疑われたり苦労もあるかと思いますが、

人気もありますし、アナウンサーとして、これから実績を伸ばして世間を見返していってほしいと思いました!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)