高島彩と旦那・北川悠仁が離婚と言われている理由は嫁姑問題!だが夫婦仲は大丈夫

Pocket

「アヤパン」の愛称で親しまれ、元フジテレビアナウンサーで現在フリーとしても活躍されている高島彩さん。

現在、毎週土曜日20:45テレビ朝日系列「サタデーステーション」のメインキャスターを2017年からされています。

2011年10月20日には、かねてより熱愛報道がされていたゆずの北川悠仁さんと結婚し、大物カップルとして世間を賑わせてくれました。

 

そんな高島彩さんと北川悠仁さん夫婦ですが、何やら離婚するとの話題があるようです。

今回は、高島彩さんと旦那・北川悠仁さんが離婚と言われる理由の嫁姑問題について詳しく調査しました。

さらに、現在は問題なく夫婦仲が良いことや、れ初め、子供のことや通っている学校についても紹介していきますので、是非ご覧ください。




高島彩と旦那・北川悠仁が離婚と言われている理由は嫁姑問題

 

高島彩さんと旦那・北川悠仁さんが離婚すると世間ではよく言われています。

 

 

高島彩さんが離婚すると言われている理由に、嫁姑問題が関係しているようですので、見ていきましょう。

 

北川悠仁の母親は新興宗教団体「かむながらのみち」の創始者で教祖

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆず北川悠仁(@yujin_kitagawa)がシェアした投稿

 

お二人は結婚前から、北川悠仁さんの”実家との関係”が話題になっていました。

さらに高島彩さんは、交際当時から北川さんの母親の言いつけを守ってきたそうです。

 

なぜなら、北川さんの母親・北川慈敬さんは、新興宗教団体「かむながらのみち」の創始者で教祖なのです。

「かむながらのみち」は、1999年5月に立教した宗教法人で、北川さんの実家がある横浜市に本部があります。現在は、全国に1200人を超える信者がいて、関西から北海道まで全10か所に拠点があるそうです。

 

また、慈敬さんは算命学」という占いを大事にしているとか。

高島彩さんは、フジテレビ退社の時期も、さらには結婚の時期も、北川慈敬さんに相談し、言葉通りにしたそうです。

 

義母が教祖って・・・

クロ

 

高島彩の復帰で嫁姑問題が勃発

 

高島彩さんは、交際中から「かむながらのみち」の総本山・身曾岐神社を参拝したり、大好きなお酒を控えたり、算命学の勉強をしたりしていたそうです。

そんなことがありながらも、嫁姑関係は良好に保たれていたようです。

 

しかし、嫁姑間に少しずつ溝が生まれ始めたきっかけがありました。

それは、「高島彩さんの仕事復帰」

 

元々、北川慈敬さんは、結婚後は高島さんに家庭に入って欲しかったようです。それでも、高島彩さんは出産後、子育てを優先するため仕事は減らしていました。

ただ、少しずつ本格的に仕事復帰をし始めていったところ、嫁姑間に亀裂が入ったそうです。

 

2017年4月に『サタデーステーション』の司会を始めたことで、一気に関係が悪化したとか。

今は、育児をしながら、仕事をバリバリこなしている女性が増えていますが、さまざまな意見はありますよね。

特に、「女は家庭を守るもの」と考えている方たちから理解を得るには難しいのかもしれません

 

離婚とウワサされる決定的な出来事は長女の受験

 

高島彩さんは今まで義母・慈敬さんの言葉に従ってきましたが、ついに我慢の限界がきた出来事がありました。

それは、長女の小学校受験です。

 

高島さんとしては、キリスト教系の小中高一貫女子校を受験させたい思いが強くあったそうです。

これに対し、義母・慈敬さんは猛反対しているのだとか。

 

慈敬さんが反対する理由の一つとして、供は自然に育てた方がいい」という考えだそうです。

生後半年の時、長女を英語を使った体操教室に通わせた高島さん。このことについて慈敬さんは、「そんなことよりも大切なことがある」と言っていたようですね。

 

もちろん宗教の問題もあるでしょう。

 

慈敬さんからすれば、自分の教えとは異なる宗教系の学校に入学することを簡単に認めるはずがありません。

高島さん自身もお受験を経験しています。「小さいころから受験をしたことで、さまざまな学びがあった」と両親に感謝しているのだとか。

 

ちなみに希望する小学校は、小中高一貫教育の女子校で、難関大学の合格者を多数出している有名進学校のようです。

「子供にとって母親が楽しそうに仕事をしているのを見せるのはいいことだ」という強い思いをもって、北川慈敬さんの言いなりにならず本格的に仕事復帰をすすめたということですね。

 

嫁姑問題の行方は・・・

クロ




写真発表をした時、離婚の布石と言われていた

画像出典元:www.amazon.co.jp

 

高島彩さんは、2012年に写真集「irodori」を出版しています。この写真集を発売した当初、離婚の準備ではないかと話題になりました。

これまで芸能人が離婚を見据えて、離婚後の生活を考えて「写真集を出版」したり、「仕事を精力的」にしたりすることがあるため、生まれた憶測だと思われます。

特に女性が精力的に仕事を増やし始めたり、仕事に熱を入れたりするようになったら、「離婚の兆候」だと言われています。

 

また、別居から離婚に至る芸能人夫婦も多いのです。代表的な芸能人だと、鈴木保奈美さんや篠原涼子さんでしょうか。

 

鈴木保奈美さんは、2021年7月にお笑い芸人・とんねるずの石橋貴明さんと離婚しています。

離婚前に女優業を軌道に乗せ、個人事務所を設立したり、マンションを購入したりと着々と離婚の準備をしていました。

 

篠原涼子さんも2021年7月に俳優・市村正親さんとの離婚を報告しました。

篠原さんは、コ○ナの感染リスクを考え、ドラマ等の撮影中は、別居し役者業に取り組んでいたようです。

 

コ○ナの感染予防は大事なことですが、やはり「仕事を最優先」して離婚の準備をしていたという話もあるらしいです。

高島さんの場合、写真集出版後も、妊娠・出産と順調に愛を育んでいるようなので、あくまで憶測だったようですね。

 

メリー

写真集irodoriの内容はとっても幸せだよ~




嫁姑問題はあったが現在も夫婦仲は大丈夫

 

Instagramでは、お子さんのことを伝えてくれており、家庭と仕事のバランスをうまくとりながら活躍を続けている高島さん。

仕事復帰後、サタデーステーションでの司会はもちろんのこと、「働くママ」として、雑誌のコラムや絵本の読み聞かせイベントへの参加、役者業への挑戦などさまざまな活動をされています。

 

夫婦円満の秘訣

画像出典元:beauty.oricon.co.jp

 

2015年に出演した「徹子の部屋」の番組内で、夫婦のエピソードを披露しています。

黒柳徹子さんに「ご主人になにか不満はない?」と尋ねられた際には、「基本的には協力的で、何もないです。」と笑顔で答えています。

「玄関の鍵が2つ付いているんですけど1つが閉まってる時にガチャガチャって。性格が慌てん坊だからなんですが、ガチャガチャやるのはやめてほしいです。そんなくらいですね」と夫婦円満ぶりを披露していました。

 

また、夫婦円満のために心がけていることがあるとのこと。

高島彩さんは、何か辛いことや悩みがある時には、北川さんの目の前で「まず1つため息をついてみる」そうです。

この時の大事なポイントは「なんとなく聞こえるか聞こえないかくらいのボリュームで『はあ』って言うこと」なんだとか。

 

北川さんが「どうしたの?」って聞いてくれたらラッキー、反応がなかったら「今日は言うのやめとこうと思う」としているようです。

これは、結婚前は実家暮らしをしていた高島さんが自身の生活を振り返った上での北川悠仁さんへの心遣いなのです。

 

高島彩さんは、自身がアナウンサーとして忙しく働いてる時、家に帰った後、自分の母親にワーっと話しかけれることが嫌だったことがあり、耳を塞ぎたくなることもあったそうです。

だから、北川さんには、家に帰ってきたら一息ついてほしいなと思っているんだとか。

北川さんへの思いやりと心遣いで溢れているエピソードですね。

 

素敵だ~

クロ

 

妊娠、そして出産

画像出典元:www.kinokuniya.co.jp

 

高島彩さんは、2014年に長女を出産、2016年に次女を出産しています。

第一子の長女を出産後、このように振り返っています。

 

「いろいろと辛い思いを経て当たり前のことはないんだなという気持ちの中での出産だったので、思いはひとしおでした。」

引用元:dogatch.jp

 

2014年のエッセイ本『彩日記−Birth−』では、死産を経験したことや妊活について綴られています。

 

 

死産を経験した時には「今まで生きてきて、こんなに泣いたことはない」と、毎日泣き続けるほど辛かったそうです。

そんな辛い経験をした分、無事に出産できた時は嬉しかったと思います。

 

無事生まれてよかったね~

クロ

 

子育てへの思い

画像出典元:beauty.oricon.co.jp

 

高島彩さんは、長女を出産後「今よりもっと仕事をしつつ、娘と過ごす時間も充実させたい。」「保育園には預けず、仕事も子育ても全部自分でやりたい。」と思っていたそうです。

その流れで二人目を産んだら、大変なことになったんだとか

いつも何かに追われて、家の中に漂うピリついた空気感とイライラしてしまう感情でストレスがピークになってしまったそうです。

 

それからは子育ての時間について考え直し、子供たちと穏やかに過ごすための方法を見つけていったとのこと。

子供たちの写真を季節ごとにレイアウトして飾ったり、自身が幼い頃大好きだったマザー・グースを読み聞かせたりして、子供たちとの時間を有意義なものに変えていったんだとか。

 

また、現在は、子供たちとの時間に負担がかかるような仕事はしないと決めているそうです。

「サタデーステーション」の司会は、北川悠仁さんや実母の協力を得ながら、仕事に向かっているとのこと。

北川さんは、多忙で家を空けることも多いそうですが、家にいる時には子供のお風呂を担当しているそうですよ。

 

今年の1月には、高島彩さんのInstagramで、長女と次女が描いた年賀状を公開しています。

「あけましておめでとうございます 今年も ひとつひとつ 丁寧に 内省しながら 進みたいです ひとりひとりにとってあたたかな一年に なりますように」

というファンへのメッセージとともに4枚の年賀状を紹介。

ハッシュタグは「#子供たちの年賀状 長女はかわいらしく 次女の方が写実的」で、いずれも干支の虎が描かれているものでした。

 

 

幸せが伝わってくるね~

クロ

 

仕事と家庭の両立

 

仕事と家庭を両立するために、日々意識していることがあるそうです。

 

まずは、「家庭を第一に考える」と決めているとのこと。

「仕事は大変だけど、楽しく、やりがいがあり、自分の力を発揮できる場所」と考えているという高島彩さん。

だからこそ、夢中になってしまい、ルールがないと仕事に走りすぎるかもしれないという思いもあるそうです。

 

そのため、やりたい仕事があった時は北川悠仁さんに、一つひとつ相談しているんだとか。

お互いに大活躍している夫婦である高島さんと北川さん。忙しい時期が重なって家庭の時間が疎かにならないように、その都度じっくり話し合うようにしているそうです。

 

また、小さなことでも北川さんや子供たちになんでも伝えるようにして、ストレスをためないようにしているんだとか。

 

 

夫婦でしっかりと話し合い、家庭を大切にしていることが伝わってきますね。

嫁姑問題がありながらも、夫婦仲良く子供たちとの時間を大切にしながら過ごしていることがわかりました。

 

出会いは「めざましどようび」

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆず北川悠仁(@yujin_kitagawa)がシェアした投稿

 

お二人の出会いは2005年。約6年の交際を経て、2011年に結婚しています。

 

出会いは、2005年9月30日と言われています。ゆずがフジテレビ「めざましどようび」のテーマ曲を手掛け、同番組に出演したのです。

この時に交際に発展したわけでは無く、翌年の2006年に、共通の知人を介して再会したところから交際が始まったようです。

 

交際期間中は、高島彩さんは「めざましテレビ」のキャスターとして、北川悠仁さんもゆずの活動で忙しく、生活リズムが全く違う2人です。また、横浜と東京で「遠距離恋愛」だったとのこと。

お互い忙しい中、互いの仕事を尊重し合い、さまざまな苦難を乗り越えてきたようですね。

 

メリー

出会いがゆずの曲っていいね~

 

結婚報告

 

北川悠仁さんは、直筆で公式サイトで高島さんの人柄に触れ、結婚に至った経緯を報告しました。

 

今改めて、女性として、また人として尊敬でき、温かく飾らない心を持つ彼女と、支え合い、分かち合い、刺激し合い、そして微笑み合い、自分たちの家庭を築き、共に生きてゆく事を決意しました。

引用元:www.oricon.co.jp

 

ちなみに、ゆずの相方である岩沢厚治さんも前月結婚を報告しています。

高島さんは結婚報告した際、「あの日の朝はこのような縁で二人が結ばれるとは思いもしなかった」と振り返りました。

北川さんの魅力について「一生懸命、家族を大切にしてくれる、無邪気」と熱々な様子を伝えてくれています。

 

「私の明るい部分だけでなく、弱いところもダメなところもすべて受け入れて包んでくれる。私が一番私らしくいられる場所」

引用元:/www.sponichi.co.jp

 

そして、「北川さんにとっても居心地の良い場所であるように、これからはその一生懸命な生き方をサポートしていきます。

ここからがスタート!気合が入ります」と結婚生活への決意を表明していました。

 

 

お互いが「自分らしく、尊敬し合える存在」となったから生涯をともにすることを決めたのですね。

 

幸せいっぱいだ~

クロ

 

結婚式は山梨県の身曾岐(みそぎ)神社

画像出典元:https://www.misogi.jp/

 

お二人の挙式は、山梨県の身曾岐(みそぎ)神社で執り行われました。

そして地元・横浜で婚姻届を提出していることを報告しています。

 

 

挙式については、極秘で行われたようです。

実は、この挙式会場は、北川の母・敬子が教祖を務める教団の総本山です。

また、ゆずのファンにとっても有名な場所なのです。ゆずはこの地でライブを数多く開催しています。

 

ちなみに、披露宴については、1年後の2012年2月25日に、横浜ホテルニューグランドで行われました。

高島さんと北川さんは、2人にとっても、ゆずのファンにとっても、思い入れのある場所を誓いの場所として選んだのですね。

 

指輪は特注ダイヤ

 

交際中に北川さんは、高島さんに特注ダイヤを贈っているようです。これでしょうか?

北川さんがジュエリーデザイナーをしている友人に依頼したものと言われています。高島さんの誕生日である2月18日にプレゼントしたんだとか。

 

 

残念ながら、結婚指輪の写真は見つかりませんでした。Instagramでの写真でも左手の薬指に指輪はつけていません。

 

 

交際中に、北川さんから素敵な指輪をオーダーメイドで渡されていたことが判明しました。

 




子供は2人

画像出典元:www.crank-in.net

 

高島彩さんと北川悠仁夫妻には、現在2人の子供がいます。

 

 

子供たちの年齢は、長女は2014年2月生まれで現在8歳、次女は2016年6月で現在5歳です。

ネット上では、高島彩さんの子供の名前は「桜子」ではないかというウワサがあるようです。しかし、確証はなく、ただの予測に過ぎないようです。

 

顔写真は公表されていないため、残念ながら見つかりませんでした。しかし、後ろ姿はInstagramで見せてくれていますね。

 

 

美男美女夫婦と言われている高島さんと北川さんのお子さんは、きっと可愛い顔をしているんでしょうね。

 

通っている学校

 

画像出典元:news.yahoo.co.jp

 

北川さんと高島さんは横浜市に住んでいるということで、何か所か候補として挙がってきています。

 

まずは、関東最大難関校とも言われる横浜雙葉小学校

横浜雙葉小学校は、地元では有名な名門で、カトリック系の女子校です。

小中高の一貫教育であり、横浜雙葉高等学校にほとんど進学するそうです。

 

次に、横浜で有名な小学校といえば、慶應義塾横浜初等部

こちらも超難関校で、受験倍率は全国1位だとか。卒業生のほぼ全員が慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部へ進学するようです。

候補は挙がっていますが、どこの小学校に通っているか確かな情報は得られませんでした。

 

高島さん自身、名門の光会幼稚園、成蹊小学校を受験しています。そして成蹊大学法学部政治学科を卒業しています。

高島さんのカトリック系の進学校に入学させたいという情報から考えると、横浜雙葉小学校が有力かもしれません。

 

教育方針は「学ぶことを楽しむ」

 

教育方針として、「学ぶことを楽しむ」を大切にしているようです。

子供たちに「教える」というよりも、子供たちから「教えてもらう」という方法を取り入れているんだとか。

例えば、次女はBTSが好きで、高島さんが「これはどうやって踊るの?」と聞いてみるそうです。すると、手取り足取り教えてくれるんだとか。

 

また、長女には「ママは何も知らないねえ」なんて言われながら、俳人などの名前を教えてもらってしているそうです。

子供たちが勉強している時、高島さんが外国人のキャラになりきって「ハ~イ!」と登場したり、いつの間にかそのノリに父親である北川さんも参加してその場を盛り上げたりするなんてこともしているんだとか。

 

 

なんとも微笑ましいエピソードですね。

 

まとめ

 

では今回の記事をまとめていきます。

 

  • 北川さんの母親・北川慈敬さんは、新興宗教団体「かむながらのみち」の創始者で教祖
  • 嫁姑間に少しずつ溝が生まれ始めたきっかけは、「高島さんの仕事復帰」で、本格的に仕事復帰をし始めたら、嫁姑間に亀裂が入った
  • 長女の小学校受験について、嫁姑で意見が食い違い、一気に関係が悪化した
  • 2012年に写真集を出版した時、離婚の兆候ではないかと話題になったが、あくまで憶測だった
  • 夫婦の秘訣は、何か辛いことや悩みがある時には、北川さんの目の前で「まず1つため息をついてみる」こと
  • 2014年に長女を出産、2016年に次女を出産していた
  • 2人の出会いは2005年9月30日で、「めざましどようび」のテーマ曲をゆずが手掛け、同番組に出演したこと
  • 子供の名前は「桜子」というウワサがあるが憶測にすぎない
  • 長女が通っている学校は横浜雙葉小学校が有力とされている
  • 教育方針は、「学ぶことを楽しむ」ことを大切にしている

 

今回は、高島彩さんと北川悠仁さんの離婚の理由について紹介しました。

北川悠仁さんの実家のことを調べていくうちに、嫁姑問題が離婚と言われている理由だということがわかりました。

働くママや子育てへの考え方の違いは嫁姑問題に発展する大きな原因になりますね。

ただ、嫁姑問題はありながらも、夫婦円満で家族仲良く過ごしていることもわかって良かったです。

今後もより一層、お二人が活躍されることを応援しています。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)