高橋一生の鼻にある傷跡は粉瘤を切除手術をしたから!そもそもなぜ出来たのか徹底調査した!

Pocket

大人の色気で、ドラマや映画と活躍されている高橋一生さん。そんな高橋一生さんですが、鼻にある傷跡で度々話題になっているようです。

なので今回は、高橋一生さんの鼻の傷跡について徹底調査をしました。すると高橋一生さんの鼻の傷跡は、粉瘤を切除手術したことで出来た傷跡だったことが判明します。

そもそも粉瘤とは何かや、いつ出来たのか、なぜ出来たのかなど深掘りしましたので、それらを全て紹介していきますね。




まずは高橋一生の鼻に粉瘤がある時と、手術して切除した後の画像を年代別で紹介!

 

ではまずは、高橋一生さんの鼻に粉瘤がある時の画像を見てみましょう。

 

出典:twitter

 

これは2007年に高橋一生さんが出演したNHKドラマ「風林火山」の時です。高橋一生さんの鼻を画像で見ても分かる通り、オデキがあることがわかりますね。

 

出典:girlschannel

 

これは2008年に高橋一生さんが出演したドラマ「1ポンドの福音」の時です。2007年よりも少しオデキが大きくなっていることがわかりますね。

 

出典:twitter

 

これは2010年に高橋一生さんが出演したドラマ「SOIL ソイル」の時です。

高橋一生さんは2009年8月15日のトークショーで粉瘤(ふんりゅう)を手術したと公言していますので、2010年の時は、オデキがなくなっていることがわかりますね。

ちなみに2009年は治療に専念したこともあり、仕事をセーブしていたそうです。

 

しかしオデキは無くなりましたが、鼻に傷跡が残ってしまうことになりました。

 

出典:エンタメハック

出典:girlschannel

出典:ぼろんガーらぼ

 

なかなかでかい傷跡ですね。これでは話題になっても仕方ありません。ですが傷跡があってもイケメンには変わりないのでそこまで問題ではありませんね。

 

メリー

傷は確かに大きいけど、高橋一生さんはイケメンだから全然大丈夫だよね

 

高橋一生の鼻に傷跡を作った粉瘤とはそもそも何?それから手術はいつしたの?

出典:oricon news

 

高橋一生さんの鼻の傷跡は、粉瘤(ふんりゅう)を出術したからだとわかりましたが、そもそも粉瘤とは何なのでしょうか。

 

調査したところ、粉瘤(ふんりゅう)とは良性の皮膚腫瘍の一種であり、アテローム、表皮嚢腫とも呼ばれるそうです。

良性腫瘍なので、治療を受けなくても命に別状はないらしいですが、早く治療をすれば負担の少ない治療を選べるみたいですね。

 

高橋一生さんが手術したのは2008年に出演したドラマ「1ポンドの福音」の後、手術したと言われています。

この時はちょうどブレイクし始めた頃で、いろいろと葛藤があったと思われますが、今後の事を考えて負担を少なくするため早めの治療に踏み切ったのでしょうね。

 

やっとこれからって時に、手術なんて悔しかっただろうね

クロ




ところで高橋一生が受けた粉瘤切除手術は傷跡が残るのが普通なのか?

出典:cinra.net

 

高橋一生さんが今後の事を考えて、早めに治療を行ったことがわかりました。ところで、高橋一生さんの受けた粉瘤(ふんりゅう)切除手術は傷跡が残るのが普通なのでしょうか。

調査したところ、炎症を起こしていなく比較的小さな粉瘤であれば、くりぬき法という、傷跡の小さいな治療を選択できるそうです。

 

ですが、高橋一生さんの傷跡は大きいので、一般的な手術が行われたと思われます。

一般的な手術は局所麻酔の注射をして切開し、腫瘍の袋と内容物を取りだして縫合するとのこと。

おそらく高橋一生さんは、この手術方法をだったと推察できます。

 

では「高橋一生さんは治療が遅かったの?」と思われるかもしれませんが、これあくまで一般的な手術であり、くりぬき法は粉瘤がたまたま小さかったからできる手術なので、高橋一生さんの決断が遅かったというようなことはなかったでしょう。

では決断が遅く、炎症を起こしてしまっていた場合はどうなのでしょうか。

 

炎症が起こってしまった場合は、細菌感染などによる炎症が腫瘍の内部や周囲で起こり膿が内部にたまった状態なので、それをまず取り除かなければいけません

なので、皮膚を一部切開し、溜まった膿を先に洗い流します。この洗浄を1週間程度継続し、炎症を鎮めてから切除するようです。

 

正直、高橋一生さんが炎症を起こしていたかどうかまでは実際にはわかりませんが、炎症を起こすと鼻が赤くなり、撮影などで周りに迷惑をかけてしまうこともあることから、炎症を起こす前に手術を行ったと思われます。

粉瘤は自然治癒することはないので、今後のことを考えて早めに手術に踏み切ったのでしょうね。

 

鼻を切開するなんて聞いただけでも怖い・・・

やる気0男

 

ではなぜ高橋一生は鼻に粉瘤が出来てしまったのか?

出典:anan news

 

高橋一生さんの鼻に出来た粉瘤ができる理由についてはまだ医学では解明されていないようです。

ですが、手のひらや、足の裏にできる粉瘤であれば、怪我をキッカケに発生することがあるとのこと。

 

なので、高橋一生さんが鼻に怪我を負ったことがあるのかについて調査したところ、どうやらネット上で、元カノとのケンカが原因で鼻に傷を負ったというウワサが出ていることが判明しました。

その元カノとは2013年に熱愛をフライデーされた田中麗奈さんです。

 

ですが、高橋一生さんが手術したのは2008〜2009年なので、これが原因ではないでしょう。

この後も調査したのですが、鼻に傷を負った情報がなかったので、突発的に出来たのかもしれません。

 

ちなみに、田中麗奈さんに鼻に傷をつけられたというウワサは、明確な証拠がないのでデマの可能性が高いですね。

 

メリー

まあケンカで鼻に傷を負うなんてよっぽどだし、きっとデマだろうね

 

高橋一生の粉瘤はいつから出来たのかを、過去の画像から検証!

出典:joseishi.net

 

高橋一生さんの粉瘤をいろいろ調査していく内に、そもそもいつ出来たのだろう?と疑問が発生したので、過去の画像から検証してみました。

 

出典:twitter

 

これは2006年に放映された映画「LOVE MY LIFE」です。この画像を見ると高橋一生さんの鼻にオデキらしき物があることがわかりますね。

 

出典:NHK人物録

 

これは2005年に放送されたドラマ「クライマーズ・ハイ」です。この画像でもオデキがあることがわかります。

 

出典:edit tamamiブログ

 

これは2004年に放映された映画「半落ち」です。この時は鼻にオデキがありませんこの画像を見る限り2004年にはオデキがなかったことが判明しましたね。

では本当に2004年にはなかったのかを2003年の画像を見てみましょう。

 

出典:twitter

 

これは2003年に放送された「盲導犬クイールの一生」です。この時も鼻にオデキはありませんね。

 

この画像検証より、2005年から粉瘤ができたことがわかりました。となると手術が2008〜2009年なので、3〜4年放置していたことになりますね。

 

3〜4年放置なら、少し決断が遅かったかも・・・。でも周りに迷惑かける前に手術したからその点では決断が早かったよね

クロ

 

高橋一生の鼻の粉瘤手術の傷跡について世間はどう思っているのか?

出典:withonline

 

いろいろ高橋一生さんの鼻の粉瘤や傷跡について調査しましたが、そもそも世間はどう思っているのかを見てみましょう。

 

 

高橋一生さんの鼻の傷跡が気になっている人や、心配している人がいました。確かに結構な傷跡なので、心配になってしまいますね。

 

顔の傷は男の勲章だ

やる気0男

 

まとめ

出典:otocoto

 

では今回の記事をまとめていきますね。

 

高橋一生は2009年8月15日のトークショーで粉瘤(ふんりゅう)を手術したと公言していた

粉瘤(ふんりゅう)とは良性の皮膚腫瘍の一種であり、アテローム、表皮嚢腫とも呼ばれる

粉瘤が出来る原因はまだ解明されていないため、高橋一生に粉瘤ができた理由もわからない

鼻の粉瘤は2005年から出来ていて、手術が2008〜2009年なので、3〜4年放置していたことになる

●高橋一生の手術の傷跡について、気になっている人や、心配する人がいた

 

今回は、高橋一生さんの鼻の傷跡について紹介しました。この傷跡を見て癌の心配をしている人もいるようですが、癌ではないので安心してくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)