空前絶後のクソアニメ41選一覧【2020年最新】1つ1つの詳しい分析をご覧あれ!

Pocket

アニメ大国・日本では毎年多くのヒットアニメが生み出されています。そんな中、クソアニメと酷評されてしまうアニメが生み出されることもしばしば。

今回はそんな、作画崩壊・シナリオ崩壊・演出がクソ・キャラクターの魅力が皆無などのクソアニメを41作品選びました。

なぜこれが空前絶後のクソアニメと言われるかという理由も詳しく紹介しますので是非ご覧下さい!




空前絶後のクソアニメ41選一覧!【2020年最新版】

出典:ecc フォリラン

 

では早速、空前絶後のクソアニメ41作品一覧を紹介していきます。

 

MUSASHI -GUN道-

出典:amazon

 

MUSASHI-GUN道-とは2006年4月から10月にBS-iで全26話放送された時代劇ガンアクションアニメです。

このアニメは地上波で放送されていないにのにも関わらず、クソアニメと有名になりました。

 

なぜ有名になるほどのクソアニメと言われたかというと、全編にわたり続いた作画崩壊にあります。

作画崩壊の画像がコチラ

 

出典:girlschannel

 

主人公の顔の作画が定まっていなく、崩壊しています(笑)

この他にも、不自然な動き、繋がりのおかしいカットやセリフなど、かなりお粗末なアニメでした。

 

しかし、あまりにも突き抜けたヤバさからネタとして扱われ、逆に有名になることに。

同じ時期に「涼宮ハルヒの憂鬱」という人気アニメがあったこともあり、その落差も話題になる要因でした。

 

あまりにもアニメーションとして質の低さから、ネットを中心に人気が出て、DVDが発売されることになります。しかも、一時期Amazonの売り上げランキング上位になったのだとか(笑)

これを聞くと興味本位で見たくなってしまいますよね。

 

 

メリー

作画崩壊ぶりがヤバいね(笑)

 

聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>

出典:ニコニコ大百科

 

聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>は2015年1月から3月まで全12話放送されたSFバトル系アニメです。

このアニメは放送当初から「神クソアニメ」と揶揄されていました。

 

というのも、内容がいいのに対し作画が雑だったため、絶賛する人と酷評する人の意見が真っ二になってしまった問題アニメだからです。

ではどれぐらい雑なのかを動画で見てみましょう。

 

 

確かにこれは雑かもしれませんね(笑)

このアニメの作画が雑になった理由に、本作を手がけた株式会社ディオメディアが、この時期4作ものアニメをかけもちで制作していて、予算も人員もかなり限られた状況だったからと言われています。

このことから「残念なアクション」「細かい動きの使い回し」などが目立ち、賛否両論を巻き起してしまったようですね。

 

 

内容がいいだけに、雑な作画が残念だね

クロ




School Days

出典:amazon

 

School Daysは健全な学園モノと見せかけて、昼ドラ以上にドロドロした関係を描いたアニメです。

主人公の伊藤誠はとんでもなく浮気性で、女性のハニートラップに100%引っかかるような人物でした。そんなこんなで計8人と関係を持つことになります。

 

そして、その中の西園寺世界という女性が、伊藤誠を包丁でメッタ〇しをし、〇害するのです。

この誰1人として救われない内容とクライマックスに、「クソアニメ」ならぬ「クズアニメ」として有名な作品です。

 

この最後はとても衝撃ですし、アニメにも関わらず、人間のドロドロした心理描写が見られるので一見の価値アリですね。

 

 

最後のシーンマジでヤバかった・・・

やる気0男

 

人造昆虫カブトボーグV×V

出典:phantomcryptomining

 

人造昆虫カブトボーグV×Vは2006年10月から2007年10月まで1年間にわたって放送されていた子供向けアニメです。

株式会社トミー(現:株式会社タカラトミー)のおもちゃ「カブトボーグ」の販売促進のため企画されたアニメだったのですが、あまりにもヤバすぎな内容からクソアニメとして語り継がれています。

ではヤバすぎな内容を紹介していきます。

 

毎回が最終回のようなストーリー。1話にして「最終回?」と視聴者を困惑させるほど

●重要な登場人物が亡くなってしまうが、翌週には平然と出てきて、しかも説明がない

●毎週ヒロインが変わる

●なぜか隙あらば視聴者を騙そうとする

●話のクライマックスの途中で「次回へ続く」となっていたのに、翌週には全く関係ない話になっている

●主人公が頻繁に犯罪を犯す

●カブトボーグの販売促進アニメなのに、カブトボーグによって、不幸になる人、戦争、テロの道具になっている。しかも肝心のカブトボーグルールの解説は一切ない。

 

これを見ても相当やばいアニメだということがわかります。

ですが1番ヤバいのは、カブトボーグ販売促進のためのアニメだったにも関わらず、テレビ東京に「放送できる内容ではない」と放送拒否されたことです。

拒否されてしまったことにより、地上波でなく、BSジャパンとアニマックスで放送されることになりました。

 

 

メリー

ここまでスゴイと逆に見てみたくなってくるね(笑)




異世界はスマートフォンとともに。

出典:animatetimes

 

異世界はスマートフォンとともに。は2017年7月にアニメ放送された、異世界転生物ものです。

このアニメは第1章の時点から「これは一体何なんだ?」となり、放送回が進むにつれて「こんなひどいアニメは今まで見たことがない!」との声が続出してしまいます。

 

このアニメが酷評されてしまった理由に主人公のチート能力にあります。神様が間違って主人公の命を奪ってしまい、お詫びとして転生&能力値UPを与えてくれました。

その能力の値がコチラ

 

身体能力が爆発的に向上

●7属性魔法の全属性持ち

●無属性魔法を使い放題

●無尽蔵の魔力量

 

これらの能力が主人公に与えられました。どうでしょうか。チート系のアニメはいくつもありますが、これはやりすぎのチートぶりです。

なので、作中のバトルでも強すぎるあまり苦戦することはありません。バトルシーンで危機感ゼロのアニメはある意味スゴイです(笑)

 

しかも敵を倒す技がヤバいことでも有名になりました。

「特大の虫眼鏡でドラゴンを焼き焦がす」「グーグルマップで敵を表示して一気に倒す」などトリッキーな技が主人公から繰り出されます。

そして主人公の最強の攻撃魔法は・・・相手を転ばせるスリップです(笑)

 

出典:yukiseraのブログ

 

全ての魔法を使えて、さらにMPも底なしなのにも関わらず、最強の攻撃がなんと相手を転ばすスリップなのです(笑)相手を転ばして頭を打たせるという技のようですね。

 

それからこのアニメでは沢山の女の子が登場するのですが、全員が主人公を好きになってしまいます。

いわゆるハーレム状態です。このハーレム状態が続き、「誰が結婚するか」という話になります。

 

しかし最終的には全員がお嫁さんになるという、あるまじき結末になるのです。これには、「うそでしょ?」となった視聴者も多くいたとのこと。

 

出典:twitter

 

そして最後に1番ヤバいのがストーリーが何もないことです。

主人公は異性界に飛ばされるのですが、何か目的がある訳ではないようです。それでもいろいろ進んだりするんだけど、何をすればいいのかわからないといった日常系みたいな感じで進みます。

 

そんなアニメだったのですが、ラスト2話で急展開を見せます。

超古代文明が出てくる

●ガンダムみたいなロボットが登場

●古代文明を主人公が受け取る

●女性たちが主人公を賭けて騒ぐ→みんなお嫁さん

●ラストなのに次々と出てくる新キャラクター

●未完結のまま終了

 

このゆるい展開からの怒涛のような急展開。しかも謎を残したままの終了という凄まじいアニメでした。

このようなことからクソアニメと言われてしまっているようですね。

 

 

これこれで、面白そうなアニメではあるね

クロ

 

王様ゲーム

出典:animeanime

 

シリーズ累計発行部数800万部を超える大人気ホラー作品「王様ゲーム」を原作とする『王様ゲーム The Animation』は、2017年10月にAT-X、TOKYO MX、BS11にて全12話放送されました。

このアニメがなぜクソアニメだったかというと、最初から最後まで「〇んだー!」「うわー!」「やめてくれー!」「次の命令だ・・・(泣)」「やめろー!」と、バカのひとつ覚えのような単調な感じだったからです。

 

王様ゲームのいい所は、人間心理や駆け引きなのですが、このアニメはただ騒いでいただけなので視聴者は飽き飽きしていたようです。

またこのアニメはグロいシーンが多いのですが、なんだか「グロいのを出しとけば大丈夫でしょ!」といった感じで、グロさの意味づけが薄くなっていました。

 

そして一番致命的だったのが作画レベルの低さです。声優が頑張っている分、絵と声のチグハグナな感じが残念な印象になってしまっています。

このようなことから、クソアニメと言われてしまっているようですね。

 

 

原作はあんなに売れたのにな・・・

やる気0男




DYNAMIC CHORD

出典:amazon

 

DYNAMIC CHORDは2017年10月から12月まで放送されていたアニメです。

原作はパソコン向け乙女ゲームでシリーズ化されていて、バンドマンとの恋愛が楽しめるゲームだったのをアニメ化にしたようです。

このアニメがクソアニメと言われてしまった理由なのですが、作画崩壊と言われています。

 

どういう作画崩壊かというと、街中の風景が思わずツッコミを入れたくなるくらい摩訶不思議な造りをしていたからです。

その作画崩壊風景画像がコチラ

 

出典:girlschannel

出典:girlschannel

出典:girlschannel

出典:girlschannel

 

これはヤバすぎる作画崩壊ですね(笑)

しかし、この作画崩壊が逆に注目を集めることになり、視聴者の心をガッチリ掴むとになったのです。

このことからもネタとして度々話題にのぼり、中毒性のあるクソアニメとして現在も人気のようですね。

 

 

メリー

この作画崩壊は確かに話題になるね(笑)

 

ステラ女学院高等科C3部

出典:tokyo-marui

 

ステラ女学院高等科C3部はもともとはマンガで2013年にアニメ化した、萌えミリタリー作品です。

このアニメがクソアニメと言われる原因は、主人公の大和ゆらが闇落ちしてしまったからです。

 

大和ゆらはサバゲーとは縁遠い内気な女子高生でしたが、C3部のメンバーにまきこまれ、なりゆきでサバゲーを始めるも次第にのめり込みます。

そして、だんだんとストイックになり、メンバーから孤立していったのです、

 

大和ゆらのキャラクタービジュアルはいかにも萌え系なのに、ギスギスした性格に変わってしまうことから、この作品の評価が下がりました。

そして、決定的にこの作品の評価を下げたのは、大和ゆらが「ゾンビ行為」をしてしまったことです。

ゾンビ行為とはゲーム中にエアガンで撃たれたにも関わらず、ゲームを続行する反則行為です。

 

ゲームの勝利に拘り、反則行為をした主人公に感情移入ができず、クズ人間と視聴者に思われてしまったことが、クソアニメと言われている要因のようです。

ちなみに、このアニメを監督した川尻将由さんが「つまらない萌えアニメ」とインタビューで言っていたそうですね。(あんたがそれ言っちゃダメでしょ笑)

 

 

こんな萌え系の可愛いキャラが闇落ちするなんて・・・でもある意味見たいかも(笑)

クロ




メガネブ!

出典:amazon

 

メガネブ!は福井県鯖江市を舞台にした、メガネオタク男子高校生達のメガネへの愛情に溢れた日常を描いたアニメです。

しかし、ストーリーはつまらないし、腐女子を狙ったアニメなはずなのに、女性向け要素が無に等しい上にギャクもかなり滑っていました。

 

それから町興しアニメなはずなのに、鯖江市の名所は一切紹介せず、鯖江市にした意味がない設定ばかりと微妙かつ意味不明ということもあり、クソアニメと言われているようですね。

 

 

名所を紹介しないなら、福井市に設定した意味がないな

やる気0男

 

ISUCA —イスカ—

出典:amazon

 

ISUCA —イスカ—は2015年1月から3月まで放送された学園退魔ラブコメアニメです。このアニメは2015年冬のワーストに選ばれるほどのクソアニメとして有名になりました。

ではこのアニメのどこがクソアニメなのかというと、シナリオがとにかく面白くないからです。

 

内容を言いますと、高校生の青年が級友であるヒロインの元で働き、級友の秘密を知ってしまうという内容です。

この内容だけ見ると普通に思えますが、本編は終始一貫して盛り上がりも急展開もありません。

 

戦闘シーンは完全にターン制バトルだったり、露骨なセクシーシーンが多々あるなど、アニメ好きな人達でさえも1話5分でリタイアさせるほどなのだとか。

それからこのアニメは内容が酷いだけでなく、作画も平均以下のシーンが大半、また音楽に関しても印象に残る曲はありません

 

内容・作画・音楽どれをとっても悪い要素しかないクソアニメとして2015年冬のワーストに選ばれてしまいました。

 

 

メリー

ワーストに選ばれるってスゴイね(笑)




コメット・ルシファー

出典:amazon

 

原作はProject Felia、 エイトビットさんのオリジナルアニメで2015年に全12話放送されたアニメです。

このアニメがクソアニメと言われているのは雑なストーリー構成にあります。

 

まず、このアニメは「天空の城ラピュタ」をトレースしたからなのかその要素が強すぎ、視聴者からも「ラピュタっぽい」と言われてしまいます

またラピュタだけでなく、エウレカ、グレンラガンetc・・・などの各作品の要素が混ざり合いオリジナル性が全くありませんでした。

 

やりたいシーン、やりたいストーリー展開を描きたいあまり、説明不足なままストーリーを強引に進める雑さのせいで、盛り上がりきらない内容になってしまいました。

アニメでは色々と謎が出てくるのですが、ほとんど解説されないまま物語は進み、最終話で今まで語られなかった設定を語られるなど 滅茶苦茶のまま終わってしまいます。

このようにストーリーが雑すぎるということで、クソアニメと言われているようですね。

 

 

オリジナル性がないのは痛いね

クロ

 

正解するカドKADO

出典:animate

 

正解するカドKADOは2017年4月から全12話放送された、人類と未知との遭遇を描いたアニメです。このアニメは割と話が難しいのが特徴的でした。

設定が細かく練られていて、「交渉」をコンセプトにしているので、人間性のあるストーリーになっています。

 

ではなぜ、このアニメがクソアニメと言われてしまうようになったかというと、設定やコンセプトが急に変わってしまったことです。

真面目なアニメだったのに、急にバトルが始まったりや、ギャグ要素が強くなったりと謎の急展開になります。

 

そしてさらに、無理やり片付けようとしたようなラスボス「ユキカ」が登場するなど、これまでの落ち着いた雰囲気が一転したため、ガッガリした視聴者が多くいたようです。

ですが途中まではかなりいい作品なので、一見の価値はありそうですね。

 

 

なんでもそうだけど、やっぱり最後が1番大事なんだよな

やる気0男




メルヘン・メドヘン

出典:animesongz.com

 

メルヘン・メドヘンは2018年1月から3月までを10話まで放送し、2019年4月に11・12話放送されたアニメです。

このアニメは、妄想癖のある物語大好きな少女、鍵村葉月がふとしたことがきっかけで、不思議な魔法の本がある世界に迷いこむ物語です。

 

ではこのアニメがクソアニメと言われたかというと、作画崩壊と、シナリオが全く面白くないことが挙げられます。

ではまずは作画が崩壊している画像を見てみましょう。

 

出典:超マンガ速報

出典:超マンガ速報

出典:超マンガ速報

 

このように比較画像でも明らかにわかるほど、作画崩壊していることがわかります。この作画崩壊ぶりには「別のキャラじゃん」と言われてしまうほどでした。

 

そしてシナリオですが、主人公がラスト数回以外大した活躍をしないし、各キャラクターのエピソードを深く掘り下げないなど、キャラクターの見せ方がとにかく悪いのです。

さらに、設定も世界観もガタガタで、二つの世界観を混ぜたような感じでした。掴み所がない、一貫性がないなどでクソアニメと言われてしまっているようですね。

 

 

メリー

作画崩壊しすぎて、別キャラになってるね(笑)

 

犬とハサミは使いよう

出典:animatetimes

 

犬とハサミは使いようは2013年に全12話放送されたコメディアンアニメです。

このアニメは読書が大好きな主人公春海和人が、強盗に遭遇し命を落とします。ですが、秋山忍の新刊を読みたいという気持ちが奇跡を起こし、犬の体に転生するといったストーリーです。

 

このアニメがクソアニメと言われた理由は、ギャグやツッコミがとにかく面白くないことです。

また、犬である主人公の体毛を刈り取るお仕置きや、ヒロインの胸が小さいことをひたすらイジリ倒すといった、見てて不愉快かつ、視聴者からクレームが来そうな内容であることもクソアニメと言われる要因になってしまいました。

 

そしてこのアニメのストーリーなのですが・・・ありません(笑)

主人公が犬に転生した理由の説明がないし、主人公も犬としての生活をほとんど気にしていません。

またキャラはたくさん登場しますが、そのキャラの深堀りをしないなど、ストーリー性が一切ないのです。

 

このようなことからもクソアニメと言われるのですが、作画は最高です(笑)

しかもツンツンしていたヒロイン・忍が最後の方はデレデレになるので、このキャラが好きな人には一見の価値ありですね。

 

出典:マンガまとめ

出典:amazon.

 

 

内容が酷くても、これだけ絵が綺麗なら見たくなるよね

クロ




魔法戦争

出典:アニメ広場

 

魔法戦争は2014年1月から3月まで放送されていたファンタジーアニメです。このアニメはネットでもボロクソに叩かれていることでも有名なアニメです。

ではなぜこのアニメがここまで叩かれているかというと、シナリオ・作画・設定すべてが酷く、お世辞にも褒めるところが無いからです。

 

第1話から訳のわからない展開のオンパレードと、過剰な後付け設定や、説明不足が目立つ作品で、特に最終回は主人公が過去に飛ばされてそのまま物語が完結するという意味不明な終わり方をします。

この他にも、主人公が銃を突きつけられて発砲されても全く動じなかったり、金属音が鳴り響くバトルシーンの主人公の武器が竹刀だったりと、とにかく意味不明な演出がありました。

 

正直、何がしたかったの?と思わざるをえないほどのクソアニメで、叩かれるのも納得の作品ですね。

 

 

原作を読まないと訳が分からないアニメみたいだな

やる気0男

 

RAIL WARS!

出典:animeeee

 

RAIL WARSは2014年7月から9月まで全12話放送された鉄道アクション、ラブコメアニメです。

このアニメは、国鉄の民営化がされなかった日本を舞台に起こる事件を解決する少年少女の物語です。

 

ではなぜこのアニメがクソアニメと言われているかというと、内容の薄いシナリオと、微妙な作画、原作の改悪といったなど、様々な面がダメなことからクソアニメと言われています

この中でも原作の改悪がヤバく、原作にいたはずの重要なテロリスト軍団「RJ」が登場しないことや、キャラクターの非常識な言動など、原作ファンからは怒りの声が出てもおかしくないほどでした。

 

ただし、サービスシーンの作画は1級品ということや、有名な声優が多く豪華なところは評価できるアニメとなっていますね。

 

 

メリー

原作ファンからしたら、改悪はガッカリだよね




惡の華

出典:trynext.com

 

惡の華は2013年4月から6月に全13話放送されたサスペンスホラーアニメです。

このアニメがクソアニメと言われてしまったの作画が原作とあまりにも違うことから言われています。

ではどれだけ、原作と作画が違うのかを見てみましょう。

 

出典:ニコニコ動画

出典:animanch

 

恐ろしいほど原作と違いますね(笑)

ちなみにこれは「ロトスコープ」という手法を使って制作されたアニメのようです。「ロトスコープ」とはモデルの動きをカメラで撮影し、それをトレースしてアニメーションにする手法です。

 

この手法を使ったことにより原作の作画とはかけ離れてしまい、なおかつ思春期のドロドロした部分描いている内容だったこともあり、とにかく気持ち悪かったようですね。

 

 

原作とここまで違うって凄すぎる(笑)

クロ

 

くまみこ

出典:nicovideo

 

くまみこは2016年4月から6月に放送されたアニメです。

この物語の主人公まちは、山奥の田舎から都会の高校に進学を決意するのですが、人見知りや田舎のコンプレックスを抱えている まちを心配した、クマのナツは反対。

まちは都会へ出るためにナツが与える試練へ挑戦するといった物語です。

 

ではなぜこれがクソアニメと言われているのかというと、回を重ねるごとに まちの劣等感リアクションが可愛いを通り越してしまい、哀れで悲惨、笑いも起きなくなってしまったことです。

また、まちのいとこである、ヨシオのキャラがヤバイくらい無神経で笑えなかったことも原因でした。

 

そしてまちをメンヘラ少女と設定付けて最終的には「都会いかない」と発言させます。

その音声をクマのナツが録音し、喜ぶといった後味の悪い最終回からクソアニメと言われていますね。

 

 

絵が可愛らしいから、ほのぼの系にすりゃよかったのにな

やる気0男




パンチライン

出典:event

 

パンチラインは2015年4月から6月に放送されたシチュエーションコメディアニメです。

このアニメは 主人公の伊里達遊太とアパートに住む住人たちの暮らしぶりやアパート内での出来事を中心に展開していく作品です。

 

このアニメがクソアニメと言われている理由は、理解不能な設定にあります。

唐突なバスジャックに遭ってしまった主人公ですが、正義の味方のヒロインが登場し解決します。

ヒロインは何か特殊な力を持っており、首筋の紋章など伏線があったのですが、なぜが主人公も同じような能力を持ってしまうといった暴挙に。

 

そして、主人公がパンチらを2回見ると能力の暴走から小惑星が地球に落下し人類が絶滅するという、理解不能のオンパレード設定からクソアニメと言われているようです。

これを見た人が、「30分という時間の大切さを改めて知れるアニメ」と酷評するほどでした。

 

 

メリー

確かにぶっ飛んだ設定だね(笑)

 

グラスリップ

出典:amazon

 

グラスリップは2014年7月から9月まで放送された青春アニメです。

このアニメは福井県坂井市三国町周辺のエリアをモデルにした6人の高校生の青春を描いた作品です。

 

ではなぜこの作品がクソアニメと言われるのかを一覧で紹介します。

●青春アニメなのに、好きになる過程を吹っ飛ばし、いつの間にか好きになっている

●キャラの関係がよく分からない

●毎回行き当たりばったりで、話に一貫性がない

 

このように、視聴者を置いてきぼりにするようなストーリー展開からクソアニメと言われています。

この唐突すぎるストーリー展開から、見ていてもサッパリ分からないという人が続出しました。

 

P.A.WORKS制作ということや、作画が綺麗、キャラクターも可愛いということから期待されたアニメでしたが、肩すかしになってしまったようですね。

 

 

絵を見てる分にはとてもクソアニメとは思えない・・・

クロ




キルミーベイベー

出典:twitter

 

キルミーベイベーは2012年1月から3月まで全13話が放送された4コマ漫画が原作のアニメです。

この作品はいわゆる日常系に属するアニメで、女子高生同士のボケとツッコの掛け合いが永遠と続くアニメです。

 

このアニメがクソアニメと言われるのは、登場人物が極端に少なく(登場人物が3人)展開もパターン化されているなど単調で、盛り上がりもなければ、感動もないことからクソアニメと言われています。

しかし、そのゆるい感じが良いという視聴者もいる為、賛否両論の作品のようですね。

 

 

賛否あるということは、それだけ話題になったアニメってことだな

やる気0男

 

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

出典:amazon

 

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞は2014年10月から2015年3月まで全25話放送されたロボットアニメです。

このアニメがクソアニメと言われる点を挙げていきます。

 

性格がクズなキャラしかいない

●いちいちセクシーシーンがあるので鬱陶しい

●キャラの行動や心情描写が雑

●作画不安定

●下品

 

このように、最初は酷評されていたアニメでしたが、回を重ねていく内にだんだんと味が出だし、最終的には神クソアニメと言われるほどまでに昇格した数少ないアニメです。

このアニメを見終わった人たちは、「すっきりした」など、良い気持ちになっている人が多くいましたね。

 

 

メリー

だんだん良くなるアニメって数少ないから、見て損はないね




メカクシティアクターズ

出典:amazon

 

メカクシティアクターズは2014年4月から6月まで全12話放送された青春アニメです。

このアニメは一時期流行った「カゲロウプロジェクト」の1つとしてアニメ化された作品で、当時のニコニコ動画の一世を風靡したということもあり、期待されていたアニメでした。

 

このアニメがクソアニメと言われる理由は、絶望までにストーリー構成が下手なことが挙げられます。

話が飛び飛びで、前の話に出てきた登場人物が次の話から全く出てこなく、かと思えば次の話からは出てきたりと最後の方までゴチャゴチャしています。

このように物語の分かりづらさから、クソアニメと言われているようですね。

 

 

ストーリー構成がダメなのは致命的だね

クロ

 

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない

出典:amazon

 

俺が好きなのは妹だけど妹じゃないは2018年10月から12月まで全10話放送されたラブコメアニメです。

このアニメがクソアニメと言われるのは、とにかく作画崩壊していたことです。その作画崩壊している画像を見てみましょう。

 

出典:nicovideo

出典:youtube

出典:くろす速報

 

これはヤバイ(笑)

このあまりにも作画崩壊が話題になり、逆にマシな時には「作画が良くてつまらなかった」と言われてしまうほどになります。

また内容もパッとせず、作画が普通だったら話題にすらならないレベルでした。なのである意味、作画崩壊して成功だったというクソアニメでしたね(笑)

 

 

作画崩壊で話題になるアニメってヤバイな

やる気0男




ケイオスドラゴン

出典:bs11

 

ケイオスドラゴンは2015年7月〜9月に放送されたアニメです。

ではこのアニメがクソアニメと言われてしまった理由を挙げていきます。

 

●主人公が空気

●作画崩壊

●最後まで意味がわからないストーリー

 

などなど褒めるところが一切ない、真のクソアニメと言われています。

これを見た人のコメントで、「ここまで支離滅裂なモノを堂々と世に出せる神経が凄いよ」と言わせるほどの作品なので、逆に一見の価値がありそうですね。

 

 

メリー

真のクソアニメって(笑)

 

迷家-マヨイガ-

出典:amazon

 

迷家-マヨイガ-は2016年4月から6月まで全12話放送されたミステリー群像劇アニメです。

このアニメは、長きにわたり閉鎖されていた集落を舞台に、そこに導かれた若者達の群像劇やその村の謎に迫るミステリーが描かれた作品です。

 

このアニメがクソアニメと言われる理由は、あまりにもクソすぎる内容だからだと言われています。

普通どんなクソアニメでも、第1話くらいはそこそこ楽しめるものですが、このアニメに至っては冒頭からMAXでつまらないのです。

 

このアニメをつまらなくさせたのは、閉鎖空間における極限状態の空間に、31人もの人間がいることでした。

しかもこれは下手にプロが作った商業作品なので、登場人物全員に個性を持たせてしまったのです。

 

12話しかないアニメなのに、31人も個性を持たせてしまったので、1人1人の性格をやたら誇張させるしかありませんでした。

そのせいでどんなシリアスな場面でもたちまちギャグシーンに変わってしまうのです。

 

このアニメのシリーズ構成が『あの花』などの岡田麿里さんと期待されていたアニメだったのですが、その落差がより視聴者をガッカリさせてしまい、伝説のクソアニメを呼ばれてしまいました。

 

 

個性を持たすキャラクターがもっと少なければ、いい作品になってたかもしれないね

クロ




みなみけ おかわり

出典:videomarket

 

みなみけ おかわりは2008年1月から3月まで全13話放送されたコメディアニメです。

このアニメがクソアニメと言われる理由は、第一期の「みなみけ」は原作ベースだったのに対し、みなみけ おかわりはオリジナル色が強い作品となったためクソアニメと言われています。

 

みなみけのいい所は、特集の「ゆるさ」だったのに対し、おかわりは当時話題になった鬱アニメや猟奇アニメを意識しすぎたのか、攻撃的なシーンや悩んで落ち込んだりと、シリアス演出が多くなりました

また、負のオーラ全開のオリジナルキャラを投入し、そのキャラ頻繁に登場させたりするなど奇行とも思える演出が目立ったため、クソアニメと酷評されているみたいですね。

 

ちなみに、なぜここまで変わってしまったのかというと、制作会社が変わってしまったことで、主要スタッフが総入れ替えしたからだと言われています。

 

 

いろいろ挑戦した結果、不評になってしまったな

やる気0男

 

帰宅部活動記録

出典:amazon

 

帰宅部活動記録は2013年7月から10月まで全12話放送された学園ギャクアニメです。このアニメは帰宅部という部活で繰り広げられる日常が描かれた作品です。

ではなぜこのアニメがクソアニメといわれてしまったのかを挙げていきます。

 

作画の乱れ

●マーケティングの失敗

●声優の棒読み

 

これらが言われています。

まず作画の乱れですが、作画崩壊まではいきませんが、たまに崩れている時がありました。

次にマーケティングの失敗ですが、太い作品とかだと、何ヶ月も前から大々的に広告とか打つのですが、このアニメはそこまでPRはありませんでした。それが勿体無かったです。

 

最後の声優棒読み問題ですが、これが一番酷いと言われています。なぜ酷かったかというと、メインキャストの4人は当時まだ日ナレ所属の学生だったからです。

 

プロの声優と比べたら、一目瞭然なので、棒読みと話題になってしまうのも無理ありませんね。

ですが、この作品自体は面白く、回を重ねるごとに面白味もますので、序盤で辞めずに見ることをオススメします。

 

 

メリー

声優が学生とプロだったら、棒読みに感じちゃうよね




ソラとウミのアイダ

出典:dアニメストア

 

ソラとウミのアイダは2018年10月から12月まで全12話放送されたファンタジーアニメです。このアニメは宇宙漁師を目指す6人の成長を描いた物語です。

このアニメがクソアニメと言われる理由は、作画以外の全てがイマイチだったことが挙げられます。

 

設定がどれも中途半端なのにストーリだけが進んでいくので、楽しめない

●方向性が絞れていないため、行き当たりばったりの演出

●細かく見ていなくてもツッコミどころが多い

●バトル要素が壊滅的につまらない

●キャラクターの魅力がない

 

このように、いろいろと良くなかったことから、ネタとしても笑えないレベルとまで酷評されていましました。

SFがしたかったのか、青春ものがしたかったのか、ファンタジーにしたかったのか、とわけがわからない設定のせいでクソアニメと言われてしまっているようですね。

 

 

設定は明確にしないと見てて疲れるよね

クロ

 

ポプテピピック

出典:twitter

 

ポプテピピックは2018年から3月まで全12話放送された、原作が4コマ漫画のアニメです。

このアニメのキャッチコピーは「とびっきりのクソ4コマ!」と自ら公言しているので、クソアニメとして入れさせてもらいました。

 

この作品は、ポプ子とピピ美の女子中学生しかメインキャラがいない物語です。

内容はとにかくハチャメチャで、不条理なギャグセンス、なりふり構わずの暴れっぷり、なのに時折見せる愛らしさが視聴者の心をつかみ、ファンから愛されています。

 

この作品は、自らクソアニメと公言しているので、クソアニメとして入れましたが、ファンからとても愛されているクソアニメです。

 

 

自らクソアニメと公言してるあたり上手いな

やる気0男




ベイビーステップ

出典:dアニメストア

 

ベイビーステップは第1シリーズ2014年4月から9月の全25話と第2シリーズ2015年4月から9月の全25話を放送されたテニスアニメです。

この物語は几帳面で真面目な男子高校生・丸尾栄一郎が、高校入学を機にテニスに魅入られ、テニスを通して成長していく青春物語です。

 

これはマガジンでも連載が長く、コミックも全47巻と人気のある作品です。

なのになぜクソアニメと言われてしまっているのかというと、作画崩壊がすごいことから、一部でクソアニメと言われてしまっているようです。

ではその作画崩壊している画像を見てみましょう。

 

 

このように突っ込みどころ満載なことから、一部でクソアニメと言われてしまっているようですね。

ですが、それ以外はとてもいい作品なので、オススメのアニメです。

 

 

メリー

作画以外はいい作品だから、オススメのアニメだね

 

遊戯王アークファイブ

出典:ピクシブ百科事典

 

遊戯王アークファイブは2014年4月から2017年3月の全148話を放送されたカードバトルアニメです。

この作品は赤馬零王の開発した「質量を持つ立体幻影(ソリッド・ビジョン)」の普及で「アクション・デュエル」が誕生し、デュエル技術のみが進歩している「舞網市」が舞台となっているアニメです。

 

このアニメがクソアニメと言われてしまった理由は、ストーリー、キャラ設定、うざいネタなどがダメなことからクソアニメと言われてしまっているようです。

ストーリーはテンポが悪いし、主人公は自分の勝利が確定した瞬間に相手を煽るといった不愉快なキャラ。

 

また1度受けたネタをこれでもかといういうくらい連呼するということがあることから、クソアニメと言われてしまっているそうですね。

 

 

1度受けたネタを連呼はキツイね(笑)

クロ




ヘボット!

出典:prtimes

 

ヘボット!は2016年9月から2017年9月の全50話放送されたロボットギャグアニメです。

このアニメはバンダイとバンダイナムコピクチャーズの共同プロデュースによる、同名の玩具プロジェクトを原作としたギャグアニメでした。

 

このアニメがクソアニメと言われる理由は、朝7時に放送されていたとは思えないほどの、怒涛のギャグを連発していたからです。

たった20分間の放送の中に十数個以上のネタをブチ込み、このネタの多さにゲスト出演した、お笑いコンビ・流れ星の瀧上伸一郎さんが困惑するほどでした。

 

このことから、「訳が分からない」「朝からこんなテンションは辞めてほしい」などの声が出てきてしまいクソアニメと言われています。

ですが実はこのアニメは奥が深く、緻密に練られたストーリーでもあるので、このアニメのファンは多くいるようです。

賛否両論の興味深いアニメなので、一見の価値はありそうですね。

 

 

お笑い芸人が困惑するなんて、相当ヤバイな

やる気0男

 

レガリア The Three Sacred Stars

出典:excite ニュース

 

レガリア The Three Sacred Starsは2016年9月から11月の全13話放送されたロボットアニメです。

このアニメがクソアニメと言われてしまった理由を挙げていきます。

 

いろいろな設定が足を引っ張る

●中だるみ、水増しのつまらないシナリオ

●ロボット戦闘がなんか意味不明

 

このようなことからクソアニメと言われてしまっているようですね。クソアニメと言っても、話題になる程クソでもなく、ただつまらないと言った、残念なアニメと言われていますね。

 

 

メリー

ただつまらないアニメって逆にヤバイね




おねがいマイメロディ

出典:アニメ放題

 

おねがいマイメロディは2005年4月から2006年3月の全52話放送されたギャグや魔法バトルやラブコメなど様々な要素が展開されるアニメです。

このアニメはマイメロディの誕生30周年を機に企画された完全オリジナル作品です。

このアニメがクソアニメと言われている理由を挙げていきます。

 

ストーリーがあまりにもカオスすぎる

●第1話があまりにもつまらなさすぎる(2話からは普通)

●主題歌が印象に残らない

●主人公のマイメロがあるゆる面で汚い性格

 

このようのことからクソアニメと言われてしまっているようです。

ですが、話は割としっかりと細かいところまで作り込まれているので、見る人によって賛否分かれるアニメになっているようですね。

 

 

第1話を乗り越えれば、普通に見られるみたいだね

クロ

 

キャプテン・アース

出典:animatetimes

 

キャプテン・アースは2014年4月から9月まで放送されたSFロボットアニメです。

このアニメは、種子島を舞台に、不思議な記憶を持った少年を中心に青春群像劇や、巨大ロボット「アースエンジン」と、機械に精神を宿すデジタル生命体「キルトガング」との戦いを描いた作品です。

 

このアニメがクソアニメと言われている理由は、シナリオと演出の悪さが言われています。

シナリオは尺の無駄遣いしているところが多々あり、消化しきれていないネタや伏線があったことから全体的に残念な作品になっています。

 

また演出では、SFロボットアニメなのにバトルが少なく、さらに相手はエゴブロックがあれば再生可能なために決着のつかない戦いが延々と続くなどインパクトが薄いことから、クソアニメと言われてしまっているようですね。

 

 

作画的には良作の匂いがするのにな

やる気0男




エウレカセブンAO

出典:togetter

 

エウレカセブンAOは2012年4月から9月と完結編として11月に2話の全24話を放送されたSFロボットアニメです。

この作品は2005年に放送された交響詩篇エウレカセブンの続編として放送され、前作が高い評価を受けていたこともあり、かなり期待されていたアニメでした。

 

しかし期待むなしく、全体的にお粗末な作品でクソアニメと酷評をされることになります。このアニメのダメだったところは、シナリオと設定です。

最初のうちは世界観もよくわからなく、いろいろな伏線を張っているのではとワクワクさせられますが、結局伏線らしいものはなく、回が進むにつれ細かい部分の設定が崩れていってしまいました

 

このように、とにかく設定がしっかりとしていないことがシナリオ崩壊につながり、クソアニメと言われてしまったようですね。

 

 

メリー

前作が良かっただけに・・・残念

 

極黒のブリュンヒルデ

出典:animate

 

極黒のブリュンヒルデは2014年4月から6月の全13話放送されたダークSFファンタジーアニメです。

この作品は、人為的に作られた超能力者であるヒロインを守るため、高校生の主人公が活躍するダークSFファンタジーです。

 

このアニメがクソアニメと言われる理由は、作画と演出が残念なことから言われています。

作画は、シリアスなシーンなのにも関わらず、思わず吹いてしまうくらいの残念なクオリティでした。それではどのような作画なのかを画像で見てみましょう。

 

 

シリアスなシーンでこのようなことが度々あることから、作品に入り込めないといった意見が多くありました。

 

また演出では、キャラクターの細やかな仕草や表情で伝える演出はなく、全部設定や状況説明を言葉で伝えてしまうため、全体的に展開が早いなど残念な部分が浮き彫りになります。

このようなことからクソアニメと言われてしまっているようですね。

 

 

パトカーの手書きは地味にウケるね(笑)

クロ




ガンダム Gのレコンギスタ

出典:dアニメストア

 

ガンダム Gのレコンギスタは2014年10月から3月の全26話放送されたガンダムシリーズアニメです。

このアニメは富野由悠季さんが『∀ガンダム』以来15年ぶり、短編CG作品を含めると「リング・オブ・ガンダム」以来5年ぶりに「ガンダムシリーズ」の制作に携わった作品です。

 

このアニメはクソアニメと言われている理由は、理解できない、共感できない、どう受け止めていいのかわからないなど、視聴者を置いてきぼりにした内容だったことから言われているようです。

例えば、第1話からいきなり劇中用語で説明しまくってたり、主人公の何考えているかわからない言動にストレスを感じたりなど、とにかく「つまんねぇ」と視聴者に思わせてしまう内容なことからクソアニメと言われているようですね。

 

 

理解できない、共感できないアニメなんてダメすぎるだろ

やる気0男

 

アルドノア・ゼロ

出典:renote

 

アルドノア・ゼロは2014年7月から9月と2015年1月から3月の全24話を放送されたSFロボットアニメです。

この作品は「アルドノア・ゼロ」(ALDNOAH.ZERO)は、A-1 Pictures・TROYCA共同制作による日本のオリジナルテレビアニメです。

 

このアニメがクソアニメと言われる理由は、シナリオが破滅的に終わっているからです。

シナリオが破滅的に終わっている理由が、「この人達が何で戦っているのか分からない」という根本的なことが分からないことです。

 

地球人と火星人が争っているの理解できますが、誰が、どこで、何のために、何そしているのかが全くわからないというアニメでした。

この他にもキャラクターの思想がコロコロ変わり、昨日言ったことを今日否定したりと、カオス状態なことからクソアニメをはるかに超えるクソアニメとして有名のようですね。

 

 

メリー

クソアニメを超えるクソアニメってヤバイね(笑)




ドラゴンボール超

出典:dアニメストア

 

では最後にクソアニメとして紹介するのは、2015年7月から2018年3月まで放送されたドラゴンボール超です。

ドラゴンボールは説明不要の誰もが知る、モンスター作品。私は、幼少期からドラゴンボールとともに生きてきただけあり、ドラゴンボール愛は強いです。

ですが、ドラゴンボール超だけはガッカリしたというほかありません。

 

ではなぜ、そんなドラゴンボール超がクソアニメだったのかを挙げていきます。

 

ベジータのキャラ崩壊(誇り高きサイヤ人をネタ要員にする)

●悟飯の劣化(体が細すぎるヒモ男。昔のカッコイイ悟飯が崩壊)

●悟空のサイコパス具合(昔はしっかりしていたのに・・・)

●パワーバランス(神のもとで修業してきた悟空と17号がまさかの互角。力の大会に天津飯と、亀仙人のじっちゃんがまさかの参戦。)

●ポタラの時間制限問題(もうフュージョンと設定ダダ被り)

●作画崩壊

 

とまあいろいろありますが、あくまでこれは個人の感想ですのですみません(笑)

でも形が変わったとはいえ、ドラゴンボールが名作品というのは変わりまりませんので、これからも愛し続けていきますね。

 

 

ドラゴンボールで1番ハラハラドキドキしたのはブッチギリでフリーザ編だったな

やる気0男

 

まとめ

出典:gadgetm

 

今回は、空前絶後のクソアニメ41選を紹介しました。

ですが、クソアニメと話題になるということは、人の心に何か問題提起をしたということなので、この紹介した41作品は隠れた神アニメなのではないでしょうか。

アニメ大国・日本に生まれたことに感謝し、今後もアニメを楽しみましょうね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)