檀れいと旦那・及川光博が離婚したのはすれ違いだが本当の理由は!?仲良しな2人に再婚はあるのか

Pocket

檀れいさんといえば、元宝塚歌劇団月組・星組トップ娘役で、今も女優として活躍しているすっごくきれいな女性です。

多くの女性が憧れるくらいきれいに年齢を重ねているイメージの女性で、はっきり言って羨ましいです。

 

その檀れいさんの元旦那様がミッチーの愛称で多くの女性を魅了し続けている及川光博さんです。

イケオジの代表といってもおかしくない俳優だと思います。

俳優だけではなくミュージシャンとしても活動をしているバイタリティー溢れる男性です。

 

そんな美男美女のこの2人でしたが、すれ違いから離婚となりました。ですが、さらに調べたところ、この他にもいろいろな噂が出ているので本当の理由を探ってみました。

そして、離婚後も仲良しなようで、再婚の可能性についても調査しましたので、是非ご覧ください。

 




檀れいと旦那・及川博光が離婚したと言われる理由はすれ違い

 

2011年7月27日に入籍をした檀れいさん、及川光博さんご夫婦。

当時、檀れいさんは39歳、及川光博さんは41歳と、熟年に差し掛かってからのご結婚でした。

 

おめでとうございます。

クロ

 

及川光博さんは、奥様の檀れいとの出会いに運命的な力を感じたそうです。

 

メリー

発言がさすが王子様!

 

檀れいさんが及川光博さんを「ミッチー」と呼んでいて、及川光博さんは檀れいさんのことを「ハニー」と呼んでキスをしていたそうです。

 

幸せそう夫婦ですね。

クロ

 

お互いが、出演したドラマや舞台などを見ては褒めあっていた仲の良いご夫婦だったみたいです。

 

褒めあう夫婦って素敵

クロ

 

舞台などがあれば、差し入れを欠かさず、お互いの仕事に理解があったようです。

 

「夫婦のコミュニケーションの基本は、スケジュールのすり合わせというか、見せ合いっこ(笑)。お互い忙しくても、時間を合わせて一緒に食事をとります。家族って、それがいちばん大事だと思う」

「帰宅して妻の料理をつまみに晩酌をしながら、妻とは仕事のグチも含めていろいろな話をします。同業者だからこそ理解しあえる部分が多く、助かります」

「大好きなガンダムのなかでも、シャアのモビルスーツ『サザビー』を玄関に飾っていて。これから仕事っていうときに見ると、魂が燃えてくるんです(笑)。あと、落ち込んだときは、『スター・ウォーズ』の映画を見て気分を上げますね。まあ、そんな感じなので、自宅のインテリアは、僕と妻の2つの美意識がせめぎあっている感じですよ(笑)」

引用元:女性自身

 

愚痴も言えて、順調な結婚生活を送っていたことがわかるエピソードですね。

かし、その幸せは7年で幕を閉じてしまった。

 

離婚原因は「夫婦の時間のすれ違い」だったようです。

慰謝料などはなく円満離婚のようでした。

 

忙しい2人の生活の中で、寂しくなってしまったのでしょうか。

 

離婚後も仲良しだった

画像引用元:エンタメRBB

 

しかし、離婚をしても仲の良い関係は解消されていませんでした。

離婚届を提出した時も、打ち上げと称して2人で一緒に食事をしていたとこと、檀れいさん愛飲の飲む点滴を及川光博さんは現在も愛用しているみたいです。

 

檀れいさん流の甘酒は、米麴、水とシンプルなものをベースとして、豆乳で割って飲むスタイルのようです。

離婚をしても、お互いの健康管理に気を付けていたのが、よくわかります。

 

時間を合わせて宝塚歌劇団の舞台に一緒に行き、感想を2人で話している姿も、その時、普段、寡黙な檀れいさんが楽しそうに話している姿が関係者の証言にあることから、憎しみあって別れたわけではないことが伺えます。

さらに、及川光博さんのライブがあれば、差し入れと持っていき、内助の功を発揮していたそうです。

 

なんで離婚したのかな

クロ

 

別れても、お互いを思いあっているのがよくわかります

やはり、すれ違いによる離婚なんでしょうか。

 




なぜこの2人の間には子供がいなかったのか?

画像引用元:シネマトゥデイ

 

及川光博さん、檀れいさん夫婦には、子供はいません。

結婚をしたから、子供をつくないといけないわけではないのですが、このご夫婦のお子様だったら、すっごくかわいいと簡単に想像ができてしまいます。

 

いろいろな考えのご夫婦がいると思いますが、どうしてなんでしょうか。

一般的な考え方で想像してみました。

 

可能性として子供は授かりものと考えだったのでしょうか。

その場合は、お互いに忙しくてすれ違い生活をしていたのなら、タイミングが合わなかっただけという可能性もありますね。

 

それとも、年齢を考えて、作らなかなったのでしょうか。

実際、そういうご夫婦もいるので、子供については、いろいろな考えがあると思います。

 

ここでは、高齢出産の危険性について調べてみました。

まず、高齢出産って何歳からなんでしょうか。

 

経産婦と初産婦とでは、高齢の年齢が変わってきます。

初産婦の場合は35歳以上で、経産婦の場合は40歳以上となっていますが、芸能界では40歳以上で出産した方も多くいます。

 

第一子が40 歳以上の芸能人

 

  • 45歳 ジャガー横田、華原朋美
  • 44歳 加藤貴子、林真理子、兵頭ゆき、金田朋子
  • 43歳 水野美紀、田中美佐子、NANA(MAX)
  • 42歳 長山洋子、落合信子、滝川クリステル、赤江珠緒
  • 41歳 相田翔子、はしのえみ、浜崎あゆみ、坂井真紀
  • 40歳 松嶋尚美、膳場貴子、杉山愛

 

上記の方の中には、不妊治療を経験した方もいると思います。本当に不妊治療は、精神的にも、経済的にも辛いことが多いと聞きます。

それでも、諦めずに、治療を継続し、出産をされた方々は本当にすごい人だと思います。

 

しかし、どんなに頑張っても、子供を授かれないこともあるそうです。本当に辛い経験をされているご夫婦もいるのも、事実です。

不妊治療は、夫婦の協力や周りの人間の理解も必要になってきてしまいます。

 

高齢出産の危険性と悲しい現実

画像引用元:いらすとや

 

高齢出産の第一関門は、妊娠することです。

 

20代のころとは違い、妊娠が年齢が上がるごとに受胎率が下がってしまいます。

自然妊娠ができないわけではなく、しにくいということです。

 

そのため、高齢出産をされる方の多くは不妊外来に通っているケースがあります

さらに流産の確率は高くなってしまい、妊娠を継続することが難しい場合も。

 

そのため、高齢出産で気を付けなければいけないことに、ストレス、食生活、適度な運動などがあります。

妊娠中に太りすぎてしまうと、妊娠糖尿病、妊娠高血圧にかかりやすくなってしまいます。

 

それから、妊娠後期に胎盤剥離の可能性も出てきやすくなります。

なので、人それぞれですが、医師の指導や助産師のアドバイスをしっかりうける必要性が出てきてしまいます。

 

しかし、若いからと言って、流産の危険性がないわけではないので、体調には気を付けてほしいものです。

こう見ると女性側の問題だけなような気もしますが、現在は男性不妊も問題となっています。

 

女性側に問題がなくても、男性側に問題がある場合も。

 

男性不妊って多いのかな?

クロ

 

男性側の原因の多くが造精機能障害という病気です。

この病気は、精子をつくり出す機能自体に問題があり、精子をうまくつくれない状態で、精巣や内分泌系(ホルモン分泌等)の異常が障害をひき起こします。

 

この造精機能障害の場合は、人工授精、体外受精、顕微授精等の不妊治療が必要になってくることもあるそうなので、しっかりと検査をしていき、治療をしていくこととなります。

なので、不妊外来には夫婦で行くことを強くお勧めします。

 

メリー

夫婦で取り組まないといけないんだ…。




本当の離婚理由は何なのか徹底的に探る

画像引用元:エキサイト

 

噂での範囲ですが、離婚の原因とされている内容が複数ありました。

 

①浮気疑惑?

②義母との関係?

③不妊が原因?

 

以上の3つが離婚の原因として噂されています。1つずつ調べてました。

 

①浮気疑惑で離婚した?

 

浮気に関しては2回ほど、疑惑が出ていました。

1度目は、30代の美女との相合傘でのスクープでした。

 

 

時刻は午後7時。2人は和食店に入っていった。約1時間半後に2人が店を出ると、接近中の台風の影響で雨が降り始めていた。彼女がビニール傘を開いて及川に差しかけると、及川は素直に彼女の傘におさまった。及川自身も傘を持っていたのに、なぜかわざわざ相合傘で歩きだす。よく見れば及川の左手薬指からは、結婚指輪が外されていた。

引用元:女性セブン 2012年8月30日発売より 

 

こちらが二度目の疑惑です。

 

ガールズバーで飲んでいた及川光博さんだが、浴衣ではなく本格的な着物姿の美女が店内に入ってきた時だった。
30代後半ぐらいの水商売の雰囲気を漂わせる女性の登場に、「来たー!待ってたよー!」と、そのまま隣に座らせ、密着するように会話をスタート。深夜1時を過ぎても帰る様子はない”
引用元:週刊ポストセブン 2013年9月13日号より

 

このどちらも、結婚後すぐにスクープされ、檀れいさんにとってはショックなものだったと思います。

 

この記事の発表のあと、記者の突撃インタビューで及川光博さんが

「やましいことは何もない。(たとえ女性でも)今後も2人でご飯を食べに行くことはある」と不倫を否定。

自身のブログでも不倫疑惑を否定した上で、「本音を言っちゃえば“友達とご飯食べてただけじゃん!!(怒笑)”」などと綴っていました。

 

実は檀れいさんも、この女性と会っていたのは知っていたという報道もあり、本当に友人と飲んでいただけという可能性もあるのです。

しかし、このあと、浮気報道はでてきいないことと、慰謝料請求がないことを考えると、浮気が原因というのも考えにくいものです。

 

②義母との関係が原因?

 

ここでいう義母は檀れいさんの実母を言います。

彼女の実母の介護をしながらの新婚生活だったようです。

 

そのため、通い婚のような新婚生活のスタートでした。

 

夫婦で暮らしてかなったんだ。

クロ

 

本来なら、及川光博さんも、義母の介護を手伝う予定でしたが、義母との関係がうまくいかずに同居しなかったようです。

義母も、いくら義理の息子とはいえ、男性に介護されるのをためらってしまったのでしょうか。

 

メリー

イケメンに介護されるのは、恥ずかしいような気がする

 

そのため、檀れいさんは一人で介護をしていたのでしょうか。

ここで、ちょっと気になったので、檀れいさんの生い立ちについて調べてみました。

 

檀れいさんの生い立ち

 

  • 檀れい(だんれい)さんは、日本の役者。兵庫県出身の1971年8月4日生まれ。太田プロダクション所属。
  • 高校卒業後の1990年に宝塚音楽学校へ入学し、1992年に宝塚歌劇団に入団した。
  • 1999年に真琴つばさの相手役として、月組・星組のトップ娘役として2005年の退団まで活躍している。
  • 退団後は2006年公開の映画『武士の一分』で木村拓哉の妻を演じ、様々な映画賞で新人賞を受賞している。

 

ここで見る限りは順風満帆な人生に見えますが、実際は大分、複雑な人生を送っていました。

 

家族構成は実父・母・妹・妹の5人家族でした。

檀れいさんの母親は、幼い頃に祖父母と養子縁組をし、後を継ぐことになりました。祖父母に養子縁組をした母親と結婚した実父は婿養子になります。

 

そんなご両親が離婚されたのは、檀れいさんが宝塚に入ってからと言われています。

その原因は養父となった男性から持ちかけられた投資が失敗してしまい財産を失ってしまったことだそうです。

 

それを知った実父は激怒し、離婚することに、その後、母親は、檀れいさんと姉妹を連れて家を出て、京都住むことになったのでした。

そして、投資を持ちかけた男性と再婚

 

当時の再婚相手は、事業に失敗し借金だらけで生活は大変だったそうで、檀れいさんは、宝塚で稼いだお金を借金返済のために当てていたとも云われています。

しかし、檀れいさんは養父を慕っており、継父が他界する前までは、母親と継父は檀れいさんが住んでいる近くで暮らしていたそうです。

 

檀れいさんには妹が二人いるようですが、京都に引越しをしてしばらくしてから結婚し、家を出たと云う情報があります。

檀れいさんと実父の関係は何十年も絶縁状態だそうです。

 

その原因は宝塚受験にあるそうです。実父は宝塚受験に反対をしていたからと言われています。

そのため、ご両親の離婚後から、絶縁状態にあるそうです。

 

宝塚音楽学校に入学後も、人間関係はうまくいっていないようでした。

宝塚音楽学校入学時の成績は最下位の40番だったそうです。

 

しかし、受験を決めてから、合格するまでの期間が3カ月くらいといわれている彼女です。

最下位でも、入学ができたのですから、かなりの努力と才能があったことが伺えます。

 

えっ?3カ月?すごい!

クロ

しかし、すぐにトップクラスの娘役になったことが、同じ団員にとっても、ファンにとっても、好意的にとらえれてはいなかったことも事実です。

メリー

確かに面白くないって思っちゃうかも

 

そのため、いじめやバッシングにあったともいわれています。

その苦境を乗り越えて、何年もトップの娘役を演じ続けていた彼女、強い女性と感じてしまいます。

 

引退後は女優として活躍し、現在に至るということです。

そのため、家族で唯一、応援をしてくれた実母のつながりが強いことも納得できます。

 

檀れいさんは、完璧主義のところもあるということなので、自宅でも、ラフな格好を好まなかったりしていたそうなので、結婚後も、仕事、家事、介護を、一人でこなそうとしてしまったあまり、夫婦としての時間のすれ違いになってしまい、疲れてしまったのでしょうか。

それとも、及川光博さんが、自分のためにいろいろしてくれていた彼女を楽にさせてあげたいために、離婚と形をとったのでしょうか。

 

③不妊が原因?

 

実際に檀れいさんは不妊で悩んでいたという噂があります。

及川光博さんのお母様に子供を抱かせてあげたかったそうです。そのため、離婚後はお母様に謝罪のお手紙を出していたそうです。

 

それに対して、及川光博さんのお母様は、「素晴らしいお嫁さんだった。」と言っているとのことです。

そのことから、及川光博さんの家族とは仲が良かったことが伺えます。

 

しかし、本当に檀れいさんの不妊が原因なら、及川光博さんが、再婚をして、子供を作っていてもおかしくはないと思ってしまいます。

噂の範囲のことなので、すべてが真実ではないかもしてませんが、夫婦間のすれ違いが起こった時に、それをその超えられなかったのは事実なんでしょう

 




2人の離婚後の生活

画像引用元:まいじつ

 

離婚後の及川光博さんは結婚生活中と変わらずに精力的に活動をしています。

ドラマに映画、ソロライブと忙しい生活を送っている中、檀れいさん直伝の「飲む点滴」を現在も愛飲して、健康に気を使い、頑張っているようです。

 

しかし、反対に檀れいさんは離婚後、芸能活動をセーブし、実母の介護に力を入れているようです。

 

関係者の証言で

「檀さんは以前からお母さんの介護をしていましたが、最近はさらに力を入れており、同居もしているそうです。檀さんが芸能界を目指したり、宝塚音楽学校に入ったのもお母さんのサポートがあってのことで、いまだに母親に対する感謝の気持ちが強い。周囲にも『親は捨てられない』と話しているようです」

 

というのも出てきていることから、仕事をセーブしながら、介護生活を送っているようです。

そんな檀れいさんは今年、水谷豊さんが監督をした映画「太陽とボレロ」で初主演を飾っています

 

画像引用元:ぴあ映画

 

檀れいさんの今後の活動に期待が持てます。また素敵な演技を見せてほしいです。

 

今後この2人が再婚する可能性はあるのか

画像引用元:jisin.jp

 

離婚をしても仲のいい2人ですが、再婚はするのでしょうか。

 

この記事を作成している2022年時点では、2人とも再婚していません。

可能性はないとは言い切れませんね。

 

同じ人と再婚する人ってどんな人なんでしょうか。

ちょっと気になるので、調べてみました。

 

芸能界で、同じ人と再婚した人

 

星田 英利(ほっしゃん。)さん・一般女性

画像引用元:吉本興業

 

2007年に5歳年下の元栄養士の奥様と結婚。

2009年には息子さんが誕生するが、2012年9月に離婚。

 

離婚後も面会していた6歳になった息子さんを相撲で負かし、[パパに何も勝たれへんなあ]と言った星田 英利さんに息子さんは、[ボクはママ守ってるもん!]と返したそうです。

それをきっかけに、もう1度奥様とやり直すことを考え、再婚。

 

まさにことわざの通り、息子さんが”かすがい”になりました。

奥様と息子さんは沖縄で暮らし、星田 英利さんとの再婚後は別居婚を続けているようです。

 

桜 金造さん・一般女性

画像引用元:NHK人物録

 

1979年に一般女性の鶴子さんと結婚し息子さん3人と娘さんに恵まれ、しかし、桜 金造さんの、芸人さんにありがちな[お金・女性・暴力]が原因で8年後の1986年に鶴子さんと離婚。

2013年脳出血で倒れ、退院後も後遺症が残りリハビリを続ける中で、倒れる10数年前から同居を続けていた鶴子さんに再びプロポーズ。離婚した記念日に見事再婚しています。

 

秋吉 久美子さん・日系映像クリエーター・グレンさん

画像引用元:アメーバブログ

 

1979年に作曲家の岩久茂さんと結婚。長男をもうけるも1989年に離婚。

2004年に、長男(27歳)より年下の26歳の日系映像クリエーター・グレンさんと結婚するが、1年も絶たずに離婚してしまいます。

2007年にグレンさんと再婚したが、2014年10月に3度目の離婚となりました。

 

六角 精児さん・劇団研究生

画像引用元:NHK人物録

 

20代で劇団の研究生と結婚→2年後に離婚。

35歳で別の劇団研究生と結婚→4年後に離婚。

41歳で、20歳も年下の専門学校生と結婚し長男をもうけるも、出産の為実家に帰ったまま→2年後に離婚。

 

六角 精児さんは妻よりも、お酒と女性・ギャンブルを愛し過ぎていました。

そのため、ギャンブルでできた借金が1000万もありましたが、40代ですべて完済。

 

49歳で2番目の奥様と、離婚して10年後、再婚しました。

 

広田 レオナさん・吹越 満さん

画像引用元:ORICON NEWS

 

1994年、広田 レオナさんが医大生だった元夫との間にもうけた息子さんを連れ、吹越 満さんと再婚後、娘を授かりますが、2005年に離婚。

離婚後も吹越 満さんは、何度も復縁プロポーズ、復縁要請に応じてもらえない状態で、広田 レオナさんのご両親と同居するための二世帯住宅を建て、同居開始し、2012年12月に、吹越姓で再婚。

娘さんにメロメロで近所でも仲睦まじいと評判の二世帯一家だとか。

 

同じ人と再婚しても。また離婚してしまったり、別居婚を選んだり、夫婦の形はいろいろあるんですね。

では、一般人の方で、同じ人と再婚する人はどんな理由なんでしょうか。

 

メリット

  1. 身元調査の必要がない
  2. 気心が知れている
  3. 昔からの付き合いを復活できる
  4. 親族を説得しやすい
  5. 仕事を続けやすい

 

デメリット

  1. 周囲の好奇の目にさらされる
  2. 問題が先送りされがちになる
  3. 孤立しやすい
  4. 離婚がしずらい

 

これは、どうなんでしょうか。再婚後うまくいく人もいればいかない人もいると思います。

 

再婚後、うまくいく人の特徴

  1. 周囲が味方になってくれた
  2. 離婚原因が円満解決していた
  3. 義実家との関係が良好だった
  4. 子供が再婚を望んでいた
  5. 離婚原因が解決している

 

再婚後、うまくいかない人の特徴

「そのうちなんとかなるだろう」「きっと相手が変わってくれるだろう」という他力本願なところです。

問題を先送りしてしまう癖や、自己努力ではなく相手の努力にのみ頼る習慣は一朝一夕に治るものではありません。

 

再婚して今度こそ幸せになりたいと思うのならまず自分から行動を起こし、相手の立場に立って物事を見るといった姿勢になることが必要になってきます。

相手ばかりに努力を求めるのではなく、自分も努力をし、2人で幸せを築く努力をしないと、結局、離婚を繰り返してしまうということでしょう。

 

やはり、結婚はコミュニケーションが大事なんでしょう。

相手がいるのですから、自分だけが楽をするのではなく、相手の気持ちも考えないと継続は難しいのでしょうね。

 




離婚した時、「やっぱり」との声や、「結婚してたの?」という反応が

 

この2人の離婚について世間の人はどう思ったのでしょうか。

 

 

残念って声が上がっている反面、「あぁ、やっぱり?」って思っている人も多くいるようです。

 

 

逆に「えっ?離婚?ミッチー、結婚してたの?」って方も少なくないようです。

 

 

メリー

実は、私も…。

 

ネットでは、おしどり夫婦のイメージもあったようで、泥沼離婚ではないことに安心しているようです。

 

出会いのきっかけは2010年の元旦スペシャルドラマ「相棒」での共演

 

2人の出会いのきっかけは2010年の元旦スペシャルドラマ「相棒」での共演でした。

この時にメールアドレスを交換し、食事に行くなどして徐々に距離を縮めていったそうです。

 

人見知りの檀れいさんを気遣い慎重に関係を深めていったとのこと。

しかし、結婚を意識しても、ファンのことを考えて、踏み切れなかったみたいでした。

 

その及川光博さんの背中を押したのは、相棒で共演をした水谷豊さん、伊藤蘭さんご夫妻の存在だったようです。

 

画像引用元:マンタンWEB

事務所関係者の証言より

「震災と田中好子さんの死が大きかったようです。”生きている意味”考えるようになったとか。

最も大きかったのは、「相棒」で主演を演じる水谷豊さんの存在でした。伊藤蘭さんとの夫婦関係を見て、こういう生き方もいいなぁと思ったそうです。」

 

やはり震災で”生きる意味”を考え、「僕の帰る場所になって」欲しいと思ったのでしょう。

そして、プロポーズの言葉が「B(ぼくの)K(帰る)B(場所に)N(なって)」となったのでしょうね。

 

檀れいさんも、及川光博さんの帰る場所になりたいと思って、交際1年ほどで、入籍をしました。

 

帰る場所にかぁ。素敵だなぁ

クロ

 

しかし、挙式や、記者会見などは行っていません。

入籍も所属事務所を通じて、連名で発表していました。

 

 互いに人生の半分ほどを生きて、いよいよ後半戦に突入…
そんなタイミングでのめぐり逢いに、運命的な引力を感じました。
やがてそれはゆっくりと確信に変わっていき、
“結婚”という選択肢を意識せざるを得なくなりました。
二人で慎重に考え、話しあって辿り着いた結論です。

今後は、支えあい、高めあって、笑顔で歳を重ねていけるよう努力してまいります。
もちろん、俳優・女優として、またミュージシャンとして、より一層の努力をしてまいりますので、どうかあたたかく見守っていただきますよう、心よりお願い申し上げます。
及川光博
檀 れい

 

さすが、及川光博さんって感じの素敵な発表だと思いました。

 

笑顔で年を重ねるって素敵です。

クロ

 

この記事はココで終わりです。

いろいろなご夫婦がいると思いますが、やはりどの家庭も幸せになってほしいものです。

必ず結婚を継続することが幸せとは限らないとは思いますが、どのような決断をしても後悔をしないようにしていきたいと思いました。

檀れいさん・及川光博さんのさらなる活躍を期待しております。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)