芳根京子の難病・ギランバレー症候群の後遺症はなし!いつ発症したのかや、再発の可能性について紹介!

Pocket

オーディションの合格を次々と勝ち取り、「オーディション荒らし」と報じられたこともある芳根京子さん。

そんな芳根京子さんですが、過去に難病・ギランバレー症候群を患っていて、そして完治していたことが判明しました。

 

なので今回は、芳根京子さんが患った難病ギランバレーの後遺症について徹底調査しました。すると難病「ギランバレー症候群」の後遺症はなしと判明します。

この他にも、再発の可能性や、いつ発症したのかや、そもそもギランバレー症候群とは何かを紹介していきますので、是非ご覧下さい!




芳根京子が患った難病・ギランバレー症候群の後遺症はなし!またワキに後遺症があるというウワサの真相は?そして再発の可能性は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

白の世界と 黒の世界 @tomy103

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

 

芳根京子さんが患った難病「ギランバレー症候群」とは「筋肉を動かす運動神経が傷害されて、両手両足に力が入らなくなる病気」です。

この難病「ギランバレー症候群」なのですが、1度治癒すると薬の服用などもなく、通常通りの生活を送れるとのこと。

 

「ギランバレー症候群」を患った患者の7〜8割の人は元の筋力に戻りますが、2〜3割の人は筋力が低下したり、手足のしびれが残ったりすることもあるみたいです。

ですが、日常生活に及ぼすほどの後遺症は残らないそうなので、その点では安心ですね。

 

芳根京子さんは完治後、急激に足が早くなったり、持久走で1位になったりしていたそうなので、筋力低下やしびれは残っていないようです。

また芳根京子さんで、「ギランバレー症候群」を検索すると、「ワキ 後遺症」と出たので調査したところ、ワキの後遺症に関する情報は一切ありませんでした。

なので、「ワキ 後遺症」というのは、全く関係ないみたいですね。

 

そして、再発についてですが、「ギランバレー症候群」の再発は非常に少ないため、1度完治すれば再発の心配はしなくても良いそうです。

これを聞いてホッとしました。再発の可能性はないので、今後の芸能活動に支障をきたすことはなさそうですね。

 

後遺症が残らなくて本当に良かったね!

クロ

 

そもそも芳根京子が患った難病・ギランバレー症候群はいつ発症したのか?

 

芳根京子さんは難病「ギランバレー症候群」を患いますが、そもそもこの病気がいつ発症したのかを調査したところ、どうやら中学2年生の時だったみたいです。

中学2年生の時に発症し、学校に通うことも難儀だったそうですが、その1年後自然完治したとのこと。どうやら自然治癒する病気のようですね。

 

中学2年生といえば、体育祭や学校祭などの行事が楽しい年頃なので、この難病を患ったのはとても辛かったでしょう。

ですが、この難病があったからこそ、女優業界のオーディションを次々と合格するほど実力者になれたと思います。

 

芸能界は茨の道なので、次々と困難が待ち受けています。そこで結果を出せる人間は総じて辛い経験した人間が多いです。

「あれだけの辛い体験を乗り越えられたのだから、きっと今回も乗り越えられる」と最後の最後に自分を支えてくれます。

 

難病を患った芳根京子さんですが、この体験をバネに今後も更なる活躍が期待できますね。

 

メリー

きっと辛い体験があったからこそ、芸能界で活躍できてるんだろうね




芳根京子が患った難病・ギランバレー症候群を深掘りして紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ありがとうございました☺︎ #film #コタキ兄弟と四苦八苦

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

 

では芳根京子さんが患った難病・ギランバレーについて深掘りして紹介していきます。

 

芳根京子が患った難病・ギランバレー症候群を発症する原因を紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

あ、雨やんだ☺︎ #film #mina #☀️

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

 

芳根京子さんが患った難病「ギランバレー症候群」原因は、感染症やワクチン接種が関係しているとのこと。

細菌やウイルスに感染すると免疫反応が誘導されてしまい、稀に人間の神経を攻撃してしまう抗体(自己抗体)がつくられてしまうことがあります。

 

この自己抗体が神経を攻撃することで障害を負ってしまうのが、ギラン・バレー症候群と言われていますね。

 

芳根京子さんの場合、発症が中学2年生の時だから、インフルエンザワクチンが怪しいね

クロ

 

芳根京子が患った難病・ギランバレー症候群を発症した時の症状は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

🍙 #film #NewDays

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

 

芳根京子さんが患った難病「ギランバレー症候群」は、感染症の発症後、約1〜3週間以内に症状が現れます。

症状としては「足が動かしづらい」「しびれ」などがあります。

 

ギランバレー症候群は最初下半身に症状が現れますが、徐々に体幹や腕、ひどい時は顔にまで症状が進行することもあるとのこと。

ギランバレー症候群は運動機能の障害が多いので、階段の上り下りがしにくい、手に力が入らないなどの症状が起こります。

 

芳根京子さんは発症したのは中学生の頃だったので、学校生活は相当大変だったと思います。

またギランバレー症候群の症状が進行すると、ものが飲み込みにくい、息苦しいなどの症状も現れるそうですね。

 

ギランバレーは症状が進行するとヤバイみたいだな

やる気0男

 

芳根京子が患った難病・ギランバレー症候群の治療方法を紹介!

 

芳根京子さんが患った難病「ギランバレー症候群」の治療方法は主に2つあります。

 

免疫グロブリン静注療法・血液浄化療法

●呼吸循環管理を中心とした集学的治療

 

この治療方法が主体となっているようです。

免疫グロブリン療法や血液浄化療法という治療方法は、神経を攻撃している自己抗体の抑制をします。また体内に存在している自己抗体の除去ができるとのこと。

 

また呼吸循環管理を中心とした集学的治療は、呼吸がしにくいなどまで症状が進んだ場合の治療法で、人工呼吸管理やペースメーカーの使用が検討されるそうです。

 

それから、一般的な「ギランバレー症候群」の症状は、約4週間でピークに達してから、数ヶ月かけて症状が治っていくみたいです。

ですが、症状が重い場合は、呼吸不全で亡くなってしまう人もいるそうです。

 

芳根京子さんは1年ほどで完治したようなので、免疫グロブリン静注療法・血液浄化療法をしていたのでしょうね。

 

メリー

亡くなる人もいる難病なんだ・・・完治して本当に良かった!




芳根京子は難病・ギランバレー症候群を患っても落ち込んではいなかった!

 

この投稿をInstagramで見る

 

「チャンネルはそのまま!」が 2019年日本民間放送連盟賞 テレビドラマ部門の最優秀賞をいただきました! すごく嬉しいです😭✨ みんなで頂いた大きな賞。 本当に嬉しいです! ありがとうございます!! 3月には特典いっぱいのBlu-rayの発売も決定しましたので ぜひ、チェックしてくださいね! わたしも楽しみだぁあ〜〜!! 写真はみんなで早く撮影終わった日にジンパした時です。 夢のように楽しい時間でした。 楽しすぎて、わたしずっとジンギスカン焼いてたもんね。笑 ここで焼いていると、みんなの楽しそうな笑顔がたくさん見れて、 わたしまで嬉しくなってたんだ☺️ それくらい、 皆さんの笑顔が嬉しくて、 わたしも皆さんが笑ってくれるように頑張ろう!ってパワーを貰って、 どうしたらみんな笑ってくれるかな、って花子と向き合う最強に明るくて楽しい日々でした。 この写真 勝手に載せちゃったけど、 怒られるかな?笑 嬉しくて高まってしまっているので 怒らないでください🙇‍♀️ だいすきなチーム☺️ このような嬉しい賞をいただけたことは活力になります! これからも頑張ります!! キャストの皆様 スタッフの皆様 ありがとうございました! ありがとう、雪丸花子☺️ #film #チャンネルはそのまま! #雪丸花子はテレビの子

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

 

芳根京子さんは自身が運営しているブログに、このような質問が寄せられました。

 

僕は大きな病気になりました。 免疫力を上げる為、笑顔が必要です。 いつもニコニコな京子ちゃん。 笑顔の秘訣を教えてください(^^)

出典:芳根京子のキョウコノゴロ

 

この質問に対し、芳根京子さんはこのように返答をします

 

私も中学の頃に難病になった事があります。実際そうなるとね、なかなか笑顔になるのなんて難しかったりするんですけどね、とにかく毎日楽しい事探してたなー。
気持ちに負けないように。
その時思ったのは周りの人とお喋りしたり、コミュニケーションをとることが1番笑顔になれるんじゃないのかなぁ!あとは携帯でお笑い見たりしてますよー。笑
1人じゃないですからね。きっと大丈夫です。もう頑張ってると思うので頑張ってくださいって言葉は言いません。無理せず、自分のペースでいてくださいね。

 

芳根京子さんは、難病・ギランバレー症候群を患った時、とにかく毎日楽しいことを探していたようです。

普通であれば、落ち込んでしまうような出来事ですが、その気持ちに負けないように、周りの人と積極的に話したりと自分を鼓舞していたようですね。

 

また「もう頑張ってると思うので頑張ってくださいって言葉は言いません。」という言葉は、辛い経験をした人間にしか出てこないので、とても深くいい言葉だと思いました。

 

それから、この病気で亡くなった人もいることを知り命の重みを実感したとも話しています。

このことから、自分が生きていられるのは多くの人の支えがあることに気づき、「ありがとう」や「ごめんなさい」をしっかり伝えようと思ったそうですね。

 

病気という一点だけ見ると辛い事だけど、結局こういう経験が人を成長させるんだよな

やる気0男

 

芳根京子が難病・ギランバレー症候群を患った時、両親は毎日神社で願掛けしていた!

 

この投稿をInstagramで見る

 

最終回 ありがとうございました!! #film #TWOWEEKS

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

 

芳根京子さんが難病「ギランバレー症候群」を患った時、両親は毎朝近くの神社に願掛けを行っていたそうです。

自然治癒する病気とはいえ、亡くなる人もいる病気なので、両親からしてみたら「我が子をお守りください」という気持ちがあったのでしょう。

 

ちなみに両親が毎朝通っていた神社は、中瀬天祖神社(なかせ てんそ じんじゃ)で、なんとあの天照大神(あまてらすおおみかみ)が弔ってあるそうです。

 

出典:骨で聴く異世界

 

 

芳根京子さんの家柄は元々このあたりの地主だったとのこと。なので、この中瀬天祖神社は氏神様(うじがみさま)ということになりますね。

そして、両親の想いが天まで届いたことで、芳根京子さんの難病は後遺症なく完治しました。

 

人によっては「そんなの関係ない」と思う人もいるでしょうが、見えない力というのは確かに存在するので、毎日の願掛けは意味のある行為だったと思いますね。

 

メリー

きっと両親の思いが神様に届いたんだろうね




ところで芳根京子の難病「ギランバレー症候群」について世間はどう思っているのか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

影絵やってみたけど なんじゃこりゃ。 #film #TWOWEEKS #まもなく #21時から #よろしくお願いします☺︎

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

 

ところで芳根京子さんの難病「ギランバレー症候群」について世間はどう思っているのか見ていきましょう。

 

 

芳根京子さんが難病「ギランバレー症候群」を患っていたことを知り、ますます好きになったという人達がとても多くいました。

芳根京子さんは難病を患っても落ち込むことなく、毎日笑顔でられるように工夫をしていたので、より素敵ですよね。

 

辛い体験を経験した人は魅力的だよね

クロ

 

芳根京子が患った難病・「ギランバレー症候群」はどれだけ辛い病気なのか、実際に患った人の体験談を紹介!

 

では芳根京子さんが患った難病「ギランバレー症候群」はどれだけ辛い病気なのか、実際に患った人の体験談を紹介します。

 

当時22歳で小児科医院で働いていた女性は難病「ギランバレー症候群」を患ってしまいます。最初は風邪のような症状で、それが数ヶ月続いたようです。

そしてだんだん症状が重くなりますが、病院が忙しい時期ということもあり、休むことが難しかったとのこと。

 

そんなこともあり、40度を超える高熱・嘔吐・腰までの発疹、そして凄まじい倦怠感に襲われ、とうとう立つこともできなくなってしまいます。

これは「ヤバイ」と感じた女性は病院に行き、そこで風邪と言われ点滴だけを受けました。

それでも症状が治まらないので、違う病院に行き、そこでもまた風邪と言われ点滴を受けたそうです。

 

そして、とうとう自力で立てなくなり、それを先生に訴えたところ、大きな病院へ入院することができたとのこと。

大きな病院で診察を受けるのですが、診察中に失神したり、足がもつれて転倒したり、さらには意識障害まで出たそうです。

 

そんな重い症状でしたが、リハビリをし、徐々に回復へと向かいます。

リハビリの内容としては、初めは衰えた足の筋力をつけるべく、ひたすら車いすに座った状態からポールを掴んで立っては座るという、スクワット的なことを繰り返したり、歩行器を使って歩く練習や、床から起き上がる練習などをしたそうです。

 

このリハビリをしたことにより、回復をしましたが、この女性は症状が重かったので、後遺症は残ってしまいました。

ですが、日常生活には支障がないとのことです。

 

これを見ると芳根京子さんが患った「ギランバレー症候群」は治る病気とはいえ、実際にかかるととてもつらい病気だということがわかります

この病気を中学2年生という若さでかかり、それでも落ち込まず毎日楽しいことを探していた芳根京子さんがどれだけ立派だったことがわかりますね。

 

芳根京子は大物になるな

やる気0男

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

明日は第7話です。 結城さんと角田さんという なかなかない3ショットです☺︎ #film #TWOWEEKS

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

 

では今回の記事をまとめていきますね。

 

難病「ギランバレー症候群」は7〜8割の人は元の筋力に戻るが、2〜3割の人は筋力が低下したり、手足のしびれが残ったりすることもある。芳根京子の場合は後遺症は残らなかった

● 芳根京子難病「ギランバレー症候群」を中学2年生の時に患い、1年後自然治癒で完治する

難病「ギランバレー症候群」が発症した原因は、感染症やワクチン接種が関係している

症状としては「足が動かしづらい」「しびれ」などがある

治療法は、免疫グロブリン静注療法・血液浄化療法と、呼吸循環管理を中心とした集学的治療がある

●芳根京子は、難病「ギランバレー症候群」を患った時、落ち込まず、とにかく毎日楽しいことを探していた

芳根京子が難病「ギランバレー症候群」を患った時、両親は毎朝近くの神社に願掛けを行っていた

芳根京子が難病「ギランバレー症候群」を患っていたことを知り、ますます好きになったという人達がとても多くいた

芳根京子と同じ病気の体験談からどれだけ辛い病気なのかが判明した

 

今回は、芳根京子さんが患った「ギランバレー症候群」について紹介しました。この病気で、いろいろなことを経験した芳根京子さんなので、今後は更なる活躍をするでしょうね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)