水原希子の国籍はアメリカ!両親が離婚したにも関わらず米国籍を持つ理由とは?

Pocket

モデルや女優として活躍しており、さらにインスタグラムでも人気を誇っている水原希子さん。そんな水原希子さんの国籍は一体どこなのか?という疑問を持っている人が多いようです。

なので今回は、水原希子さんの国籍について徹底調査をしました。この調査で国籍はアメリカだということが判明します。

それから水原希子さんの両親は離婚し、韓国人の母親に引き取られたにも関わらず、アメリカ国籍を持ち続けている理由も判明しましたのでご覧下さい。




水原希子の国籍はアメリカ!フィリピン系と言われているが根拠なし!

 

水原希子さんの国籍ですが、アメリカ国籍を取得しています。

ではなぜ水原希子さんの国籍がアメリカだというと、父親がアメリカ人で、その地で生まれたからなのです。

ちなみに母親は韓国人です。なので、水原希子さんは日本人の血が流れていないことになりますね。

 

それから水原希子さんにフィリピン系というウワサが出ているようですが、父親がアメリカ人、母親が韓国人なので、フィリピンとは何ら関係がありません。

フィリピン系と言われるのはフィリピン系の顔つきをしていることから、言われていたようです。確かにエキゾチックな顔なので、そう思われても仕方ないですね。

 

メリー

日本の血が入っていないハーフ芸能人って珍しいよね

 

水原希子の母親と父親は離婚したにも関わらず、なぜアメリカ国籍を持ち続けているのか?

 

水原希子さんの父親と母親は、水原希子さんが11歳の時に離婚しています。そして水原希子さんは母親に引き取られ、日本の神戸に移り住みました。

水原希子さんの母親は韓国人ですが、日本で育ったようなので、馴染みのある日本に帰国したのでしょう。

しかし両親が離婚し、日本に住んでいるにも関わらず、水原希子さんはアメリカの国籍を持ち続けています。

 

なぜ別れた父親の国籍を持ち続けているのかというと、母親がアメリカ国籍のハーフの子供が欲しいとう想いがあったからです。

なので、観光ビザでアメリカに行き滞在中に結婚し出産したみたいです。ですので、ここまでして取得したアメリカ国籍を失いたくなかったのでしょうね。

 

 

いろいろ調査したのですが、水原希子さんは日本国籍は取得していないようです。まあ二重国籍になってしまうので、しょうがないですよね。

 

確かにここまでして、アメリカ国籍取得したのに手放すわけないよね

クロ




アメリカ国籍を持つ水原希子の本名は?それから芸名の由来は?

 

アメリカ国籍ということは水原希子という名前は本名ではありませんよね。

なので本名を調査したところ、本名はKiko Audrie Daniel(キコ・オードリー・ダニエル)というようです。

 

ダニエルは父親の苗字で、オードリーは女優オードリーヘップバーンの大ファンだった父親が「将来世界で活躍する大女優になるように」という想いからつけられたようです。

それで水原希子の芸名の由来ですが、水原は韓国のスウォン(水原)からとり、希子は本名のキコからとったとのこと。

 

10代の頃、Seventeenでモデル活動していた時は、「ダニエル希子」という名前で活動していたそうです。

ここで疑問なのが、離婚しているにも関わらず、父親の苗字を名乗ってもいいのかとうことなのですが、実はアメリカでは離婚しても前の奥さんは、そのままの苗字を名乗っていることが多いようです。

 

アメリカは日本のようにきちっとしていないようで、名前を変更するのは面倒だという感じで、変更しない人が多いのだとか。

なので、水原希子さんの母親もダニエルという苗字を名乗っていることになります。

というか離婚しても前の夫の苗字を名乗っているなんて、倫理的にありえないと思うのは私の頭が固いからでしょうか。さすがはアメリカですね。

 

離婚しても前の旦那の苗字を名乗ってるなんてすげ〜な

やる気0男

 

水原希子は「自分の国籍が恥ずかしかった」と発言し、「恥ずかしいのはそこじゃない」と批判される!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@indiemagazine 🐾 📌 An Education Photographed by @hedvig_jenning Styled by @dogi_ Hair & Make up @rieshiraishi1220

i_am_kiko(@i_am_kiko)がシェアした投稿 –

 

水原希子さんは番組「NEWS ZERO」に出演した際、アメリカ人の父親と韓国人の母親の間で生まれ育ったことに戸惑いがあったとのこと。

 

「家に帰ったら白人のお父さんがいて、母は日本で育ってはいるんですけれども韓国人で。子どものころからどう受け止めていいのかわからない……。バックグラウンドを受け入れられなくて、恥ずかしいと思っていた」

出典:excite ニュース

 

確かに、このような家庭環境であればどう受け止めていいのかわからないですよね。

このように語っていた水原希子さんですが、現在は「多様性ができて、すごく楽になった」など、今となっては自分の国籍がオリジナリティとして前向きにとらえれるようになったとのこと。

 

この水原希子さんの発言に「応援している」「前向きな発言に勇気をもらった」などの声が出る一方で、「恥じるのは国籍ではなく、今までの素行の方が恥ずかしい」との声も多く出てしまいました。

この素行なのですが、水原希子さんは13歳で「Seventeen」の専属モデルを務めますが、15歳の時にプライベートのブログ上で飲酒、喫煙、スロット通いなどを綴っていたことにより、契約を解除されています。

 

その後も度々、素行の悪さや社会的な発言し炎上していることから「国籍の前に自身の素行を恥じろ」という声が出てしまったようです。

確かに水原希子さんの言動は度々炎上していますので、国籍よりも自分の言動を何とかしろと言いたくなるのも無理ありませんよね。

 

メリー

15歳で飲酒、喫煙、スロットは素行悪すぎ(笑)




実は国籍の違うハーフということから、水原希子はいじめにあわないように生きてきた!

 

この投稿をInstagramで見る

 

❤️

i_am_kiko(@i_am_kiko)がシェアした投稿 –

 

水原希子さんは素行の悪さや、炎上発言を快く思っていない人は多いですが、実は水原希子さんは国籍が違うハーフという理由から目立たないように過ごしていたようです。

 

私はハーフなので、人とは違うと小さい頃から思っていました。だからいじめられないように、なるべく目立たないように、同級生と一緒の趣味を持ったり、しゃべり方を同じようにしたりして安心していた。

出典:aera dot

 

このように自分がハーフということを気にしていたことから、目立たないように同級生と過ごしていたとのこと。

そんな水原希子さんが変わったのは、東京に出てモデルになった時だそうです。

モデルの子はみんな個性的で、みんな違って、みんな素晴らしかったそうで、そこから「自分の個性はなんだろう」探し始めたのだとか。

 

自分の心が惹かれるまま音楽を聴いたり、ファッションをギャル風にしてみたり、日焼けしたりなど試行錯誤していたみたいです。

そして辿り着いたのが髪を黒くして、赤いリップした自分の姿だったようです。この自分らしさに自信が持てるようになったと話していました。

 

この自信から一時期は素行不良に走ってしまいましたが、社会的発言をして、批判されてもやめないという心の強さはこのような生い立ちにあったのです。

水原希子さんは何かと批判の対象にされてしまいますが、このような生い立ちを見れば、違った見方で彼女を見れるのではないでしょうか。

 

まあ何にせよ自分に自信があるというのは生きていく上で大切だよね

クロ

 

水原希子の国籍について世間はどう思っているのか?

 

ところで水原希子さんの国籍について世間はどう思っているのかを見ていきましょう。

 

 

水原希子さんがアメリカ国籍のことに多くの人がよく思っていないようです。

 

でもまあ国籍というよりも、水原希子の言動を批判されてるんだろうけどな

やる気0男




水原希子のようなアメリカ国籍を持つとどのようなメリットがあるのか?

 

水原希子さんの母親は、アメリカ国籍のハーフの子供が欲しいという想いから、アメリカに渡り結婚しました。

なぜそこまでして、アメリカ国籍にこだわっていたのかを調査したところ、どうやらアメリカ国籍を持つことでいろいろなメリットが受けられるからではないかと考察しました。

ではどのようなメリットがあるかを見ていきましょう。

 

ビザ無しでアメリカ国内に移住できる

●選挙権があり、国会議員・大統領への立候補が出来る

●職業の選択自由がある

●入国時にアメリカ市民の窓口に並べる

●外国での事故やトラブルでも、米国大使館の保護対象になる

 

このようにアメリカ国籍を持っていることでいろいろな恩恵を受けられるようですね。

水原希子さんの場合、アメリカでも仕事をしているようなので、アメリカ国籍を持っているというのはいろいろなメリットがあるのではないでしょうか。

 

まあ日本に住んでいたらそこまで恩恵を受けられませんが、もともと母親はアメリカに一生住むつもりで結婚したと思いますので、このメリットを水原希子さんと受けたかったのでしょうね。

 

メリー

でもアメリカ国籍ってだけで何かカッコイイよね

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌼💖カイカイキキコ💖🌸

i_am_kiko(@i_am_kiko)がシェアした投稿 –

 

では今回の記事をまとめていきますね。

 

水原希子の国籍はアメリカで、父親はアメリカ人、母親は韓国人のハーフ。フィリピンとウワサが出ていたのは、水原希子がエキゾチックな顔つきだから

●両親が離婚しても水原希子がアメリカ国籍を持ち続けているのは、母親がアメリカ国籍のハーフの子供が欲しかったから

水原希子の本名はKiko Audrie Daniel(キコ・オードリー・ダニエル)で、水原希子の芸名の由来は、水原は韓国のスウォン(水原)からとり、希子は本名のキコからとった

●水原希子は人種の違う両親の元に生まれ、その国籍に恥かしいと思っていたが、現在は前向きに捉えられている。だが、国籍を恥じる前に、自分の素行を恥じろと批判される

●水原希子はハーフということからいじめられないように目立たなく過ごしていたが、モデルの仕事を通して自信を持った

●水原希子のアメリカ国籍についてよく思っていない人が多くいた

●アメリカの国籍を持っていると、ビザ無しでアメリカ国内に移住できたりといろいろメリットがある

 

今回は、水原希子さんの国籍について紹介しました。この調査で分かったことは、水原希子さんのことをあまり良く思っていない人が多くいたということでした。

 

関連記事:水原希子はブスと世間から言われまくっている!本当にブサイクなのかと言われる理由を徹底調査!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)