伊原凛の父親の職業は大学教授!?パチンコ経営者というウワサも!

Pocket

元タレントで、夫が松本人志さんである伊原凛さん。そんな伊原凛さんの父親の職業が大学教授ということが、松本人志さんの発言で判明します。

その発言の内容で、伊原凛さんの父親の人なりがわかりました。

また伊原凛さんの父親がパチンコ経営者とのウワサも出ています。今回は伊原凛さんの父親について徹底調査しておりますので是非ご覧下さい!




伊原凛の父親の職業は大学教授!

出典:トヨジのエンジョイブログ

 

伊原凛さんの父親の職業ですが、なんと大学教授をされているようです。

これは2017年4月1日に放送された、「鶴瓶&松本お&ウエンツの電話帳から消せない人」で夫の松本人志さんが話しています。

 

ウエンツさんが松本人志さんに「奥さんのお父さんに電話する?」と言う質問に「それはない」と答え、「大学教授の人やったりするんですよ。歴史とか詳しくて」と話し、伊原凛さんの父親が大学教授だったことが判明します。

 

さらに「松本くんあの歴史の話にはね、ちょっとした裏話があるんだけど」と言われるそうですが、松本人志さんは「知ってるふりをしつつ、まず表を知らんっちゅーねん」と思っているのだとか(笑)

そんな話が合わない伊原凛さんの父親について松本人志さんは、「ここが合わないのよ」と自分の頭を指していました。

 

さすがの松本人志さんでも、大学教授の話にはついていけないようですね。確かに歴史の話を詳しくされたら、自分も参ってしまいます(汗)

 

伊原凛の父親は在日韓国人!

出典:トヨジのエンジョイブログ

 

伊原凛さんの父親は在日韓国人で、母親も韓国人のようです。ですので、伊原凛さんは韓国人で、本名は洪瑞希(ほんみずき)だそうです。

日本で活動する前は韓国で、宣喜娜(ソンヒナ)という名前を使いモデルをしていたとのこと。

 

母親が韓国出身でということもあり、日本対韓国の試合がある度に「どっちを応援するの?」と聞かれるようです。

伊原凛さんはどちらも応援するとのこと。ですがどっちが勝っても負けてもあまりスッキリしないようですね。

 

確かにこの立場で、日本対韓国戦を見たらどっちを応援していいかわかりませんね。どっちが勝っても負けてもスッキリしないのはストレスになりそうです(汗)

 

伊原凛の父親はパチコン経営者というウワはサデマ!

出典:トヨジのエンジョイブログ

 

伊原凛さんの父親がパチコン経営者とのウワサが出ています。

なぜこのようなウワサが出ているかというと、伊原凛さんの両親は在日韓国人でありながら、裕福な暮らしをしてるからこのようなウワサが出たようです。

さらに頭も良いことから経営者として頭角を現せられるともウワサされたようです。

 

ですが、大学教授ならそれなりに稼ぎもいいと思いますので、パチンコ経営者というウワサは間違いと思いますね。

在日韓国人という偏見からこのようなウワサが出たのではと思います。




伊原凛の父親はお笑い好き!

出典:トヨジのエンジョイブログ

 

2014年9月21日の「ワイドナショー」で伊原凛さんの夫、松本人志さんが交際報告の挨拶に行ったことについて語っています。

 

「すごいお堅い人なんで。僕のこと、そこまでよく知らない」「NHKしか観ないようなご家庭」

出典:マイナビ ニュース

 

このような家庭だったらしいので交際をしている挨拶なのですが、松本人志さんはちゃんとスーツを着て行ったとのこと。

その挨拶の中で、伊原凛さんの父親が「お笑いは僕も好きだよ」と話します。

 

松本人志さんは嬉しくなり「そうなんですか!」と前のめりになりますが、父親が好きだったのは「落語」だったそうです。

それを聞いた松本人志さんは「そっちかぁ・・・」と残念だったのだとか。

 

共通の話題で盛り上がるチャンスだったのに、違ったのですからそれは残念ですよね。挨拶はただでさえ緊張するので、共通の話題がないとキツイです。

 

ちなみに、この挨拶の後に伊原凛さんの妊娠がわかったそうで、松本人志さんは「ギリギリ間に合った」と思ったそうです。

お堅い家庭なので、妊娠してからの挨拶はさすがにキツイでしょうね。

 

それから松本人志さんは挨拶で「真剣にお付き合いさせてもらってます」と言ったそうです。

「真剣に」という言葉は親としても安心できますよね。さすが松本さん、カッコイイです!

 

伊原凛の父親の職業である大学教授の気になる年収は?

出典:トヨジのエンジョイブログ

 

伊原凛さんの家庭は裕福だったようですが、大学教授はどれぐらいの年収があるのでしょうか。気になりましたので調査しました。

 

大学教授の平均年収は約1000万円のようです。平均月収は約60万円で、さらにボーナスがあり年間約300万円あるとのこと。

これだけあれば、裕福な暮らしができますね。ですが大学教授になるには専門分野を研究し続け、論文を定期的に書かないといけません。

この論文を書き続けるというのが難しく、忍耐力が求められるようです。

 

この他にも、学生の指導や、学会、教授同士のミーティングの参加などのコミュニケーション能力が求められますので、これが欠落していると学生や大学からの評価が悪くなり教授にはなれないようです。

 

伊原凛さんの父親はこれらを突破し大学教授になられたので、頭が良いだけではなく、人格者でもあると思います。

そんな家庭で育った伊原凛さんはきっとシッカリした女性でしょう。松本人志さんもいい女性と結婚されたのではないでしょうか。

 

まとめ

出典:トヨジのエンジョイブログ

 

いかがでしたでしょうか。

伊原凛さんの父親の職業は大学教授だったことが判明しました。またパチンコ経営者というウワサも出ていましたが、これはデマであることもわかりました。

今後も松本人志さんと伊原凛さんの父親のエピソードに注目ですね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)