黒柳徹子が結婚しなかった理由は仕事とお見合い相手の発言!40年間も交際するが亡くなる

Pocket

芸能界で60年以上長い間活躍されている黒柳徹子さん。年齢を感じさせないパワフルさを今も持っています。

しかし、私生活は謎に満ちていて40年間交際していた人がいるという噂も。

また、ブルガリア出身のピアニスト劇作家、飯沢匡と恋仲だったとの噂があったり。どんな恋愛をしてきて、なんで結婚しなかったのか。

今回はそんな黒柳徹子さんの恋愛遍歴に関して読み解いていきたいと思います。




黒柳徹子が結婚しなかった理由

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿

 

では、黒柳徹子さんが結婚しなかったのはどのような理由があったのでしょうか。いろいろな噂があります。一つずつみていきましょう。

 

仕事

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿

 

黒柳徹子さんは結婚を決めかけていた男性がいたことを、2018年1月9日に放送されたトークバラエティ番組『チマタの噺』(テレビ東京系)で打ち明けています。

お見合いをしていた相手の方の「歩き方」が気に入らずに断ってしまったそうです。その時、お母さんがコートを作ってくれていたそうで、「結婚詐欺」と言われたこともあったようです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿

 

また、みなさんご存じかと思いますが、「ユニセフ」の活動も続けていますね。

そんな彼女の人生は仕事だけではありません。でも、一番大事だったのは仕事だったのではないかなと思います。

今の仕事も続けたいということで結婚をお断りしたこともある黒柳徹子さん。プロ意識も高く、今後も精力的に仕事を続けられると思います。

そんな自分のことを「欠落人間」という発言をされたこともあったそうです。どのようなお気持ちでそのような発言をしたのかは不明ですが、「そんなことはない!」と思いますね。

 

うさたん

そんなに仕事に情熱をもち、今の姿を見るととても「欠落人間」には見えないな

 

お見合い相手の発言

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿

 

黒柳徹子さんは、3度お見合いをしたことがあるそうです。そこで、どのようなやりとりがあったのかわかりませんが、その中で結婚を考えたこともあります。

ある、お見合い相手に「結婚してもいいけど、結婚ってそんな面白いものじゃないよ」ということを言われたことで結婚生活の大変さを教えてもらい、仕事の道を選びました。

この一言。とても深い言葉ですよね。「結婚」が幸せだと思われていた時代。黒柳徹子さん自身も「結婚=幸せ」または当たり前のことだと思っていたのではないでしょうか。

 

また、お見合いをした後、「もし、道でこの人がいい!」と運命のように出会ってしまったら、と疑問を持ち、考えた結果、お断りしたこともあるそうです。

お見合いをした黒柳徹子さんに言った、「結婚ってそんな面白いものじゃないよ」という言葉で黒柳徹子さんの考えはガラッと変わり、他の方とも出会えたら、と思ったことでお断りになったりといろいろなお見合い経験をしたみたいですね。

 




40年付き合って結婚も考えていた相手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿

 

また、自分の人生を更に充実し、そして自分を高めるために38歳の時、1年間仕事をお休みにし、ニューヨークの演劇学校に留学しました。

その中で出会った人がのちに40年と長きにわたりお付き合いした相手となります。

しかし、なぜ結婚に結びつかなかったのでしょうか?

それは黒柳徹子さん自身の強い思いがあったからだと思います。この状態で彼について行き、結婚をすることが本当に黒柳徹子さんにとっていい人生なのか。

結局、結婚をすることはありませんでしたが、長きにわたって本当に大事な存在だったと思います。

 

相手はブルガリア出身のピアニスト

 

その相手は「ブルガリア出身、ピアニスト」、アレクシス・ワイセンベルクさんだと言われていますが、本当にこの方だったかはわかりません。

それでも、おそらくこの方だったのではないかと多くの証言があります。

 

 

 

このようなことをみても、おそらくアレクシス・ワイセンベルクさんで間違っていないと思います。

彼は日本に何度も来ては「徹子の部屋」に出演したこともあります。このように長い間、黒柳徹子さんとの仲を深め、いい関係を続けたのでしょうね。

 

仕事を選び40年間遠距離恋愛

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿

 

そんなブルガリア出身のユダヤ人ピアニスト、アレクシス・ワイセンベルクさんとはなんと40年もの間交際が続きました。アレクシアワイセンベルクさんと言えば現代音楽界において巨匠と呼ばれている一人です。

では、なぜ黒柳徹子さんは結婚しなかったのでしょうか。それはやはり、「仕事」を大事にした黒柳徹子さんの生き方にありました。

 

アレクシス・ワイセンベルクさんと出会って恋仲になり、更に彼から「パリに来てほしい」とも言われましたが、それでも「仕事」を諦めることはできませんでした。

実はワイセンベルクさんには子供が3人いたこともわかっています。これにより不倫関係だったのかと思うかもしれません。

ただ、ワイセンベルクさんの妻の情報が全くなかったため、不倫かどうかわからないということが事実でしょう。

 

そんな二人ですが、結婚ができないということになっても40年間、長距離恋愛を続けました。

FAXで連絡を取り合っては忙しい仕事の合間をぬってアレクシス・ワイセンベルクさんに会いに海外に行かれることも年に1,2回ほどありました。その素敵な関係も終わりを迎えたのです。

 

40年交際するも亡くなる

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿

 

アレクシス・ワイセンベルクさんとの終わりは、突然の出来事でした。2012年、スイスで亡くなってしまったのです。

それまでずっと交際を続けてきた黒柳徹子さんにとって、とても悲しい、大きな出来事だったと思います。

しかし、晩年病に倒れたワイセンベルクさんと最後の最後まで向き合ったという黒柳徹子さん。さよならの気持ちはできていったのかもしれません。

それでも、大切な人を亡くすというのは大きなことです。そんな黒柳徹子さんを支えたのは誰だったのでしょうか。

 




劇作家の飯沢匡と恋仲だったとのウワサが

引用:Wikipedia

 

大切な人を亡くしそれを支えていた人は劇作家の飯沢匡(いいざわただす)さんではないかと言われています。飯沢匡さんは昭和から平成にかけて活躍した劇作家、演出家、小説家です。

飯沢匡さんと黒柳徹子さんが出会ったのは、飯沢匡さんが脚本を担当したNHKのラジオドラマ「ヤン坊ニン坊トン坊」のオーディションに黒柳徹子さんが応募をし、見事合格となりました。

仕事では黒柳徹子さんの声に「ヘンな声だ」などという批判が相次ぎ、黒柳徹子さん自身、どんどんと自信がなくなってしまいます。

その時、飯沢匡さんが黒柳徹子さんに声をかけ、励ましたそうです。

どれほど黒柳徹子さんは嬉しかったか。そのような運命的な出会いがあり40年間というの付き合いが続いたのです。

 

また、黒柳徹子さんと飯沢匡さんの間に「隠し子」がいたのではないかという噂があったそうです。それは、黒柳徹子さんの24歳年下の末弟のことです。

年齢的にも黒柳徹子さんが出産することも可能だと言われていますが、その時黒柳徹子さんは47歳という超高齢出産ということになり、その時代では難しかったのではないかということでこの噂は噂で終わりました。

末弟ご本人にも直撃取材もあったそうですが、「そうじゃないと信じている」と言ったのみで真相は不明となっています。

子弟として、恋仲として、いろいろな憶測もありましたが、それが事実なのかどうかはわかっていません。ただ、飯沢匡さんが亡くなるまでとても強い結びつきがありました。

 

ジャニーさんともウワサに

引用:朝日新聞

 

今度浮上したスキャンダルは言わずと知れたジャニーズ事務所の「ジャニー喜多川さん」です。よく知られているエピソードであり、記憶にもまだ新しいのではないのかと思います。

それは、2019/7/9,ジャニー喜多川さんが亡くなったときのこと。

お互い忙しかった二人でしたが、月1回くらい会い、ご飯を食べたり話をしたりと親交を深めていました。ある時、黒柳徹子さんとジャニー喜多川さんが結婚する、というニュースが流れました。

もちろん、それは事実ではなかったのですが、それをきっかけに黒柳徹子さんはジャニー喜多川さんのことを「旦那さん」と呼ぶようになりましした。

 

 

このように報道されていますね。

そんな黒柳徹子さんですが、元ジャニーズ事務所に所属(今は退所されています)していた近藤真彦さんには結婚を後押ししたというエピソードもあります。

黒柳徹子さんにとって、また大切な人が去ってしまいましたが、それでも今尚元気な姿を見ると、いろいろな人に関わり合いを持ち、愛されているということが伝わりほっとするものですね。

 




森光子に「子供産まない?」と言われていた

引用:Wikipedia

 

黒柳徹子さんには大親友でもあり、苦楽を共に過ごした森光子さんという方がいます。

波長も合い、姉妹のような付き合いともいえるほど仲が良かった二人。そんな二人ですが、ある時「徹子ちゃん、子供産まないの?」と森さんが黒柳徹子さんに言ったそうです。

その理由が、「徹子ちゃんの子供はきっと面白いに違いない!」ということだったそうです。

確かに、面白いお子さんが産まれるかも?と思いましたね(笑)

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿

 

では黒柳徹子さんの結婚についての情報をまとめていきます。

 

  • 結婚よりも仕事を重視した。
  • 40年間お付き合いを続けてきたブルガリア出身のユダヤ人ピアニスト、アレクシス・ワイセンベルクさんという方がいた。
  • しかし、仕事をとり、アレクシス・ワイセンベルクさんとの結婚はなくなった。
  • 劇作家の飯沢匡さんとは、噂はあったものの事実はわからなかったが、強い結びつきがあった。
  • 黒柳徹子さんと飯沢匡さんの間に「隠し子」がいるという報道もあった。
  • ジャニー喜多川さんとは「旦那さん」と呼ぶほど親しい間柄だった。
  • 森光子さんに黒柳徹子さんの子供は面白そうだから産まない?という提案があった。

 

いろいろと噂があった黒柳徹子さんですが、結婚し、出産することが人の幸せではないと感じました。

黒柳徹子さんもように、いろいろな方とお付き合いをし、そして自分の大事にしている仕事も続ける生活もまたとても素晴らし人生だと思います。

これからもそのような生き方を続けるのではないでしょうか。そんな黒柳徹子さんを応援していきたいと思います。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)