鈴木絢音の選抜落ちにファン激怒?運営の2期生冷遇ぶりに不信感募る!?

アイドル

乃木坂46の2期メンバーで、今後の活躍に期待されている鈴木絢音さん。そんな鈴木絢音さんですが、なかなか選抜に入れず苦労をします。

ですが、22thシングルで初選入りを果たし、ファンは歓喜します。

この後は選抜入りが定着するかと思いきや、選抜落ちたり、入ったりと安定しません。選抜落ちする度にファンは激怒します。

そしてとうとう運営に不信感を募らせます。今回は 鈴木絢音さんの選抜入り、落ちの詳細や、その都度のファンの喜怒哀楽を見てみましょう。

 

鈴木絢音が22thシングルで初選抜入り!

 

鈴木絢音さんは2013年に乃木坂46に入りますが、なかなか選抜メンバーに入ることができませんでした。

乃木坂46に加入当初から注目されていただけに、選抜メンバーに入れないことに、ファンや本人はやきもきしていたでしょう。

 

このようにくすぶっていた鈴木絢音さんですが、2018年8月8日発売された21stシングル「ジコチューで行こう!」で初の選抜に選ばれます。

 

 

このシングルで、加入してから5年以上もくすぶっていた鈴木絢音さんが選抜されました。

このことが発表されたのは7月2日だったのですが、ファン達は歓喜のコメントを投稿します。

 

 

鈴木絢音さんの選抜入りを喜ぶファンの人達がとても多くいました!こんなにファンの方達に愛されているなんて鈴木絢音さんは幸せですね。

 

生駒里奈の選抜落ちにファン激怒!復帰も果たすが・・・。

 

それでは「ジコチューで行こう!」で初選抜に入った鈴木絢音さんその後の、選抜ではどうだったのかを見ていきましょう。

 

次の2018年11月14日に発売されt22thシングル「帰り道は遠回りしたくなる」では・・・残念ながら選抜落ちをしてしまいます。せっかく選抜入りしたのに、残念です。

この鈴木絢音さんが選抜落ちしたファンのコメントがコチラ

 

 

鈴木絢音さんの選抜落ちに納得していないファンが多くいました。鈴木絢音さんほどの可愛い子が即落ちするなんて、運営は何を考えているのでしょう(怒)

 

では次の2019年5月29日に発売された23thシングル「Sing Out」では・・・なんと鈴木絢音さんが選抜に返り咲きます!やりました!!いや〜まあ選ばれて当然なんですけどね!

この選抜に返り咲いたことを知ったファンの声がコチラ

 

 

鈴木絢音さんの選抜返り咲きに、祝福コメントが多く寄せられていました。

みんな鈴木絢音さんの復帰を心待ちにしたのですね!鈴木絢音さん本当におめでとうございます!

 

では今度は2019年9月4日に発売予定の「夜明けまで強がらなくてもいい」では・・・残念ながらまた選抜落ちしてしまいます。もはや訳がわかりませんね。

この選抜落ちを知ったファンのコメントがコチラ

 

 

鈴木絢音さんの選抜落ちに悲しむファンが多くいましたが、それすら通り越して呆れ返っている人もいるようでした。

確かにこれだけポテンシャルを秘めている子がこれだけ選抜落ちするなんて、もはや世界七不思議です・・・。

ですが、いずれ乃木坂46のセンターになれるほどの可能性を秘めている子なので、辛抱強く待つことにしましょう。

 

鈴木絢音はじめ、運営の2期生冷遇ぶりに不信感?

 

選抜に入ったり落ちたりと安定しない鈴木絢音さんですが、過去にも「選抜入りするべき所で、選抜に入れなかった時」がありました。

 

どの時かというと、常に選抜入りしていた1期生の橋本奈々未さん、 生駒里奈さんが卒業した時です。

この2人の空いた枠に鈴木絢音さんら2期生が、選抜に選ばれるかと思いきや、なんと3期生が選抜に選ばれます。

 

この2期生が選ばれず、3期生が選ばれるといったことなどから「2期生が冷遇されている」というウワサが出ます。

乃木坂46に数年も在籍しながらも選抜に定着しているのは堀未奈央さんと新内眞衣さん2人だけだったり、選抜を経験したことある2期生が14人中6人だったりということから、冷遇を受けています。

この冷遇されている2期生についてのファン達のコメントがコチラ

 

 

鈴木絢音さんはじめ、運営の2期生冷遇ぶりに、不信感を募らせるファンが多くいました。確かにこれは冷遇されていますね。運営は何を企んでいるのでしょうか。

 

それから、鈴木絢音さんが昔に比べて「かわいくなった」とよく言われていますので、昔から現在までの推移を紹介した記事がありますのでご覧下さい。

⇨鈴木絢音のかわいくなった昔から現在までの推移!

 

 

いかがでしたでしょうか。

鈴木絢音さんは選抜入りがなかなか安定しないといった感じです。ですがこれだけポテンシャルを秘めている子ですので、いずれはセンターになるでしょう。

その日が来るまで、応援し続けましょう!

コメント